家中にあるいろんなものを繋いでコントロールしちゃう「NINJA SPHERE」

家中にあるいろんなものを繋いでコントロールしちゃう「NINJA SPHERE」 1

この近未来的な置き物はなんだ!

これはオーストラリアを拠点とする「Ninja Blocks」が作った、家中に設置したセンサーを通して暖房の付けっぱなしを防いだり、ペットの様子を監視出来たりするれっきとしたガジェット「NINJA SPHERE」です。置き物とか言ってごめんなさい。

家中にあるいろんなものを繋いでコントロールしちゃう「NINJA SPHERE」 2

「NINJA SPHERE」のスフィアの中には近距離無線通信規格である「ZigBee」と「Bluetooth SMART」、「Bluetooth」、「Wi-Fi」が組み込まれており、登録したデバイスや家のコンセントを制御できるセンサーなどと通信し、スマートフォンやPebbleなどで一括管理できます。

家中にあるいろんなものを繋いでコントロールしちゃう「NINJA SPHERE」 3

出来ることは、例えば誰かから電話がかかってきた時にテレビスクリーンに表示したり、暖房が使われていない時に自動にオフにしたり、ペットの猫にBluetoothを使ったタグ「Stick-N-Find」を着けさせて居場所を確かめたり...などなど。すでに持っているガジェットや色々なセンサーを組み合わせれば無限の可能性が広がります。

「NINJA SPHERE」単体で家全体をカバー出来る訳ではなく、中継地点代わりになる「Spheremid gateway」やUSB型の「waypoint」を任意の場所に設置する必要があります。また専用のコンセントやモーションセンサー、湿度センサーなど各種デバイスやセンサーをここで購入できるみたいです。SFみたいでワクワクしちゃいますね。

家中にあるいろんなものを繋いでコントロールしちゃう「NINJA SPHERE」 4

現在キックスターターで製品化に向けて資金集めを行っており、2014年1月11日が締め切りです。記事執筆時点で既に目標額の2倍に達しており、商品化は確実です。「NINJA SPHERE」を手に入れるには最低でも249オーストラリアドル(約2万3300円)を支援する必要があり、自分でガンガン開発したい人は499オーストラリアドル(約4万6700円)の「DEVELOPER KIT」がおすすめ。もし支援すれば来年の6月頃に受け取れるみたいですよ。

来年はこれで家全体をガジェット化しちゃおう!

NINJA SPHERE via Mashable

(徳永智大)

家中にあるいろんなものを繋いでコントロールしちゃう「NINJA SPHERE」 5