へえ、スマホアプリの『PayPal』を使った顔パス支払いって便利そう

へえ、スマホアプリの『PayPal』を使った顔パス支払いって便利そう 1

これはサイフを持ち歩かなくなる日も近いか。

ネットでの安全な決済方法として登場した『PayPal(ペイパル)』が、リアルで『顔パス支払い』なるサービスをはじめています。

このサービスは、お店にクレジットカードのかわりとして本人の「顔」を見せるというシステム。カード番号を見られたり、スキミングといった危険をほぼゼロにできるわけです。顔パスで支払いとか大物っぽい!

この顔パス支払い、すでに秋ごろから日本でもスタートしてます。さっそく、PayPal対応の「カフェ ネスカフェ原宿」で試してみました。

ちなみに、ネスカフェ原宿では12月1日までイベントが開催されていて、PayPalの顔パス支払いを使うとお会計が半額になります。顔パスのうえに半額!

1.お店に入る前にチェックイン

PayPal ネスカフェ原宿

お店の近くまで来たら、アプリを起動して「チェックイン」ボタンをスライドさせます。すると、お店に「こんな顔の人がそろそろ来ますよ」と写真が送られます。ちなみにチェックインは30分くらいのあいだ有効だそうです。

2.会計時に「ペイパルで」って言う

PayPal ネスカフェ原宿

チェックインの有効時間のうちに、お店に入って普通に注文。支払いのとき、店員さんに「支払いはペイパルで」って言います。

すると、お店は送られた顔写真を見て本人確認をするわけですね。

3.画面にタッチで支払い完了!

PayPal ネスカフェ原宿お店のタブレットに自分の顔と支払情報が表示されるので、「確認する」をタッチすれば支払い完了。代金はPayPalに登録したクレジットカードなどから支払われます。

スマホに触るのは、お店に入る前のチェックインだけ。あとはスマホもカードもサイフも取り出す必要はありません。

使ってみてちょい面倒に感じたのは、アプリを立ち上げるたびにパスワード入力が必要なこと。セキュリティが理由というのはわかりますが、チェックインのたびにパスワードを入れるのはさすがにわずらわしい。

顔写真による確認でセキュリティは確保しているはずですから、チェックインくらいはパスワードなしでできたほうがより便利ですね。

来年は顔パス支払いできる店が増えるかな? 続きはTABROIDでどうぞ。

iPhoneにおサイフケータイなんていらんかったんや! 「顔パス」で支払える『PayPal』使ってみた[TABROID]

(ギズモード編集部)