ピクサーっぽいけど違うんです。よく見ると美味しそうな風景写真(動画あり)

ピクサーっぽいけど違うんです。よく見ると美味しそうな風景写真(動画あり) 1

ピクサーの新しい作品の一場面?

と思ったら違うんです。この写真は本物の食べ物で作ったロンドンの風景なんです! まるでコンピューターグラフィックスで描かれたみたいですけどね、よく見るとブロッコリー、スイカ、パイナップル、ミニトマトなどなどの食材を発見することができます。この作品は、見た瞬間にロンドンだってわかるようにセントポール大聖堂、タワーブリッジ、ビッグベン、ザ・ガーキンやロンドンアイをモチーフに選んだそうです。

コチラの写真を撮影したCarl Warner(カール・ワーナー)さんが、これらの作品を製作する様子はこんな感じのようです。

 

ワーナーさんは、食べ物で様々な風景を再現して撮影しているアーティストで、素材のテクスチャーや光で風景を本物そっくりに仕上げてしまうんです。彼のこだわりは、食べものの鮮度。そのため作業は1日で終わらせるようにしているそうです。

ちなみに私のお気に入りは、南国の海に太陽が沈んでいくところを再現したもので、サーモンで作った海です。

ピクサーっぽいけど違うんです。よく見ると美味しそうな風景写真(動画あり) 2

言われなかったらサーモンだなんて思わないよ…。

それでは、ワーナーさんの作品の中で印象的なものをいくつかギャラリーでご紹介したいと思います。絵みたいですが、どんな食材が使われているのか、探してみるのも楽しいですよ。

20131122_carlwarner_220131122_carlwarner_320131122_carlwarner_420131122_carlwarner_5

carlwarner

JESUS DIAZ(原文/junjun )