小型バギーで撮影した野生ライオンがコワ可愛いくて気絶しそう…(動画あり)

きゃーー! カメラさん逃げてーーーー!

HPとNikon New Zealandでアンバサダーを務めるクリス・マクレナン(Chris McLennan)さん、そしてエンジニアのカール・ハンセン(Carl Hansen)さんが、サバンナを徘徊して好奇心旺盛なライオンたちの姿を捉える小さなリモコンバギーを制作しました。そのバギーを使って撮影されたのが冒頭のシーン。

あ、あの…めっちゃ可愛いんですけど全員こっちガン見してますよ!?

動画では、カメラさんがライオンさんたちに囲まれる一部始終が離れた場所からもばっちり撮影されているのですが、こんな風に囲まれたらカメラさんも生きた心地しなかったでしょうね。あわわわわ。生還できて本当によかった。

「Car L」と呼ばれるこの手作りガジェットは、バギーの骨組みの上にNikon D800Eプロテクトケースとバッテリーパック、そしてバギーやカメラを操作するリモコンの仕組みを搭載しています。ドローンを使った空撮も迫力ありますが、地面すれすれの場所から撮った写真の迫力も相当なモノです。

Rumi(JESUS DIAZ /米版