冬休みにぴったり、頭こんがり、数学を使ったルービックキューブ

冬休みにぴったり、頭こんがり、数学を使ったルービックキューブ 1

何時間でもお楽しみください。

ルービックキューブの魅力と言えば、そのシンプルさにあるでしょう。手の中のブロックの色を合わせていく。シンプルなルールなのに複雑、それが一世を風靡した後も長年愛され続ける理由ではないでしょうか。そのシンプルなルールーと複雑な組み合わせを、もっとシンプルで複雑にしたのがこれ。数学が入り込んで来たルービックキューブ。

冬休みにぴったり、頭こんがり、数学を使ったルービックキューブ 2

6面を全て合わせるには、各面を素数や、魔法陣、円周率など、数学に関する数字で揃えていかなければなりません。数学好きならば、上の表がなくても各面の課題を出されるだけで解いていけるのでしょうね…。

ルービックキューブの技術と数学の知識を必要とするシンプルで複雑なおもちゃ。冬休みの暇つぶしや、旅行の移動時間にどうでしょう。お値段は20ドル(約2000円)です。

ThinkGeek

そうこ(ANDREW LISZEWSKI 米版