ドコモが「歩きスマホ」にストップ! 歩行を検知すると操作を停止する機能提供へ

ドコモが「歩きスマホ」にストップ! 歩行を検知すると操作を停止する機能提供へ 1

歩きスマホで危ない思いをした人も多いはず。

ドコモは12月5日より、「歩きスマホ」を検知すると警告画面を表示して操作できなくなる機能を、スマートフォン向けサービス「あんしんモード」に追加すると発表しました。利用は無料となっています。

ドコモが「歩きスマホ」にストップ! 歩行を検知すると操作を停止する機能提供へ 2

この新機能では、利用者がスマートフォンを見ながら歩いていることを検知すると上の画像のような警告画面が表示され、スマートフォンの操作が行えなくなります。利用を再開する方法は「歩行を停止する」「警告画面の閉じるボタンをタップする(10秒間のみ)」「電源ボタンを長押しする(5秒間のみ)」となっており、落ち着いてスマートフォンを利用するには足を止めるしかない…という、ちょっと厳しめな機能となっています。

ドコモは社会的な問題になりつつある歩きスマホに対して注意喚起しており、新宿駅の階段部分に歩きスマホを警告する巨大なポスターを張り出したり、新聞広告や雑誌広告でも同様の警告記事を掲載しています。

歩きスマホは自分だけでなく、他人も危険に巻き込む可能性があります。もし歩行中にスマホが使いたいな…ってときには、少し立ち止まって安全に利用しましょう!

ドコモ

(塚本直樹)