ホンダの本気! エアバッグ付きスマホケースがかっこよすぎる(動画あり)

2013.12.05 17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


かっこいい…!

スマートフォンを落として画面を割ってしまった経験がある方って、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか? 私も先日iPhone 5sを落とした時に画面が少し割れてしまい、大いにヘコんでいるところです。

そんな悲劇を繰り返さないために、ホンダがエアバッグを利用したスマートフォンケース「Smartphone Case N」の開発に立ち上がった…というコンセプトの動画が公開されました!



動画に登場するのは、買ったばかりのスマートフォンを落として画面を割ってしまったというホンダの開発者?の方。悲しくて毎日泣いてしまい、飼っていた猫にも逃げられてしまったそうです。そんな悲劇を繰り返されないように、落下に強いスマートフォンケースの開発を決意したとのこと。

まず、落下の衝撃を和らげるのにエアバッグを利用することを思いついたそうです。しかし、開発は難航。落下させてもエアバッグが開かなかったり、逆にポケットの中で開いてしまったりと動作させるタイミングが難しかったそうです。

しかし、スマートフォンケースのエアバッグ開発のヒントは自社が販売している軽自動車「N-WGN(Nワゴン)」にあったそうです。N-WGNは前席・後席のすべてに6つのエアバッグを搭載しており、それをスマートフォンケースに活かせないか…という話になります。

エアバッグの動作には炭酸ガスが利用され、制御には加速度センサーを利用したそうです。「エアバッグの開く速度はわずか0.2秒なんです…」と語る開発者さん。いい笑顔ですね…。

実際の落下実験でも、エアバッグがきちんと動作することによってふわっと地面に着地し、見事スマートフォンを守ることに成功しました!

このスマートフォンケースが実際に発売されるのかは不明ですが、Amazonもスマートフォン用エアバッグの特許を申請したというニュースもあることですし、これは近いうちにホンダからスマホケースが販売される日もそう遠くはないかもしれないですね。


米版ホンダ

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まじでイノーベーティブですよ…。

  • ホンダ イノベーションの神髄
  • 小林 三郎(元・ホンダ経営企画部長)|日経BP社
・関連メディア