「日本は月に太陽光パネルのリングをはめたいらしい」 海外で話題に

「日本は月に太陽光パネルのリングをはめたいらしい」 海外で話題に 1

地球のエネルギー資源を食いつぶすか、宇宙に新たな創エネ施設を作るか。自分たちが日ごろ使っているエネルギーはクリーンなのか否か。そんな2軸では語れないプロジェクトになりそうですね。

福島の震災をふりかえり、月から太陽光発電のエネルギーを地球に向かって送り込むことで世界中のエネルギー問題を解決しよう、という日本企業の壮大な計画が海外で話題になっています。

清水建設が発表した計画は、月の赤道をぐるりと囲むリング状のソーラーパネルを建設し、マイクロ波で地球に送電するというもの。同社は「月太陽発電 -LUNA RING-」と銘打たれた今回のプロジェクトを2035年までに開始させたいと考えているそうですよ。

以下は、清水建設のWebサイトからの抜粋。

地球上の限りある資源を節約しながら使う・・・ というこれまでのパラダイムから、無限に近いクリーンエネルギーをつくり出し、潤沢なクリーンエネルギーを自由に使うという発想へのシフト。独創的なアイデアと宇宙技術の研究開発によって、それを具現化したのが「月太陽発電 ルナリング」構想です。

ここで言われている「宇宙技術」とは、ロボット技術のこと。清水建設は、11,000kmにも及ぶ月の赤道上に幅400mの太陽光発電パネルリングを建設するため、ロボット作業員たちを雇用する予定なのだそうです。また、月の資源を使ってリングのコンクリート基盤を作るだけでなく、少なくともパネル自体も月の素材で作ろうとしています。たしかに地球から運ぶより効率的ですよね。

月には大気圏が存在しないため、ルナリングは天候に左右されることなく24時間ノンストップでお日さまを身体いっぱいに浴びて電気を生み出し、直径20kmのマイクロ波送電アンテナから環太平洋沿いにある受信ステーションに送電することができます。

もちろん、今回の話はすべて構想段階にすぎません。また、日本と中国が尖閣諸島問題ですら合意できていない状況を見ると、月の開発に関して誰が権利を持っているのか歩調を合わせていくのはなかなか難しいかもしれませんね。さらに、一番最初に月へ到着して星条旗を立てたアメリカとしては、「ん? 月はおいらたちのモノですけど」と当然のように思っているのではないかと米ギズモードのタラントラ記者は指摘しています。

Shimizu via Clean Technica

ANDREW TARANTOLA(Rumi 米版

「日本は月に太陽光パネルのリングをはめたいらしい」 海外で話題に 2