雪の日が待ち遠しくなる レトロで美しい木製トボガン

雪の日が待ち遠しくなる レトロで美しい木製トボガン 1

雪をけり~、野山こえて~

子供の頃、雪の日といえば純粋にワクワクするものでしたが、大人になると、つい通勤のことや雪かきのことなんか考えちゃったりしてうんざり…。あのころのワクワクした気持ちを取り戻したい! 雪の日をピュアな気持ちで楽しみたい! それならこの美しい木製トボガンはいかが?

雪の日が待ち遠しくなる レトロで美しい木製トボガン 2

最近のソリ遊びの主流といえば、ブレーキやハンドルがついたプラスチック製のソリですが、昔ながらの木製トボガンにしかない良さもありますよね。何といってもプラスチック製にはない温かみと懐かしさが感じられますし、自分のバランス加減のみで操作するのもスリリングで楽しいです。まさに、子供の頃にソリ遊びしたときのあの高揚感がよみがえってくる感じ! このトボガンは、シート部分に詰め物がしてあるので乗り心地もよさげ。ワックスを使って磨くのもまた楽しいもの。なんでも手入れをすると愛着が湧きますものね。

私も去年の冬に、木製トボガンでひっさびさにソリ遊びをしましたが、かなり楽しかったですよ。スキーやスノボもよいけれど、たまにはソリ遊びで童心に戻ってみてはいかがでしょう?

mana yamaguchi(ANDREW LISZEWSKI/米版