購入した映画をアマゾンに勝手に回収されちゃった! デジタルコンテンツは誰のもの?

2013.12.20 21:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

131218_Amazon.jpg


あれっ、な、ない!

ホリデーシーズンですね。年末年始の休暇を楽しみにしている方も多いのでは? 普段なかなか読む時間がとれない分厚い本を読んだり、見逃した映画をゆっくり家で観たりするチャンスだったりもしますよね。最近は寒い中わざわざ出かけなくても、書籍も映画も音楽もオンライン&デジタルで手に入るものが増えてきたので、私もお正月の家こもりに拍車がかかりそうです。

ただ、こうしてデジタルで手に入れたコンテンツは、自分のライブラリからいつなくなってもおかしくないこと、ご存じでしたか? 購入したと思っていたコンテンツ、実はあなたのものではないんです。

Boing Boingにアマゾンユーザーが語ったところによると、彼は今回デジタルコンテンツの所有権について思い知らされたそうです。

去年の12月、僕は子供たちにクリスマス特集の映画を購入したんだ。子供たちが毎年観られるなと思ってね。それで今夜観ようと思ったら(ちなみに購入した作品はディズニーの『プレップ&ランディング』なんだけど)、僕らのライブラリから消えていたんだ。しかもアマゾンのサイト自体からもなくなってた。アマゾンが言うには、「ディズニーは好きなときにコンテンツを削除できる」そうなんだ。今回は「この作品をディスニーチャンネルだけで独占放送するために削除した」そうだ。つまり僕が子供たちのために買ったクリスマス特集の作品はクリスマスシーズンには見られないってこと。7月になれば観られるけどね…。

これが知的財産の現実です。Boing Boingが指摘しているように、その映画が法律で恒久的にディズニーの財産なのであれば、ユーザーがデジタル版を実際に「所有」することは絶対にできません

これは、自分のものだと思っていたものが実は違うという最新の事例にすぎません。去年はリン・ナイガルドさんの件がありましたよね。リンさんは「別のアカウントに関連付けられている」という理由で、突然アマゾンからアカウントを停止され、購入していた43冊の本にアクセスできなくなりました。その時のアマゾンの説明は非常に曖昧で冷徹なものでした。

Amazon.co.ukでご確認いただける利用規約に書かれております通り、弊社および弊社のアフィリエイトは、サービスの拒否、アカウントの停止コンテンツの削除と編集、ご注文のキャンセルを、単独裁量の下で行う権利を留保しています。

幸いリンさんはこのことを公にし、アマゾンに彼女のKindleライブラリを復元させることができました。ただ、アマゾンがここでライブラリを復元しなかったとしても違法ではないのです。2011年に米最高裁判所はヴァーナー対オートデスクの裁判で、「(ユーザーは)オンラインで購入しても物理的に持つことのできないソフトウェアやアプリを所有することはできない」という判決を下しています。

私達がアマゾンやiTunesやその他サイトから何か購入した場合、買っているのはコンテンツそのものではありません。そのコンテンツを使用する権利を買っているにすぎないのです。しかもその権利は、コンテンツを作成したスタジオやアーティスト(あるいは配信しているディストリビューター)により完全にコントロールされた条件付き。だからKindle版の本は再販することができないし、突然デバイスから削除されてしまうこともありうるわけです。

今回のケースは、厳密にはアマゾンの責任ではありませんが、アマゾンのサイトの言葉遣いはどう考えても誤解を招くものですよね。「購入する」ボタンとか。正確に言えば「弊社が許可する限りコンテンツを使用できるライセンス、ちなみに理由や説明なしに弊社が削除することに同意していただきます」ボタンですよね。

アマゾンにそのポリシーについて確認してみたところ、上記の件については以下のような回答をいただきました。

おっしゃられている件は、弊社のカタログデータの一時的な問題で、現在は修正されております。お客様がアマゾン・インスタント・ビデオで購入されたコンテンツへのアクセスを失うようなことはありません。購入されたビデオへのアクセスに問題が発生した場合には、カスタマーサービスまでご連絡下さい。

ただ、これについて修正されたというアップデートは入ってきていません。Boing Boingの件のビルさんに連絡を取ったので、返答があり次第、続報をお知らせします。

ただ今回の件が、アマゾンが主張しているように単にカタログデータのエラーだったとしても、デジタルコンテンツを削除する権利を留保している件については、アマゾンは否定していません。法的にはそれが認められているのですから。

コンテンツが削除されるようなケースは少ないとはいえ、自分が「購入」したものが予告なしに削除されたらやっぱり悲しくなりますよねえ…。


[Boing Boing]

ASHLEY FEINBERG (米版/mana yamaguchi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • cheero Power Plus DANBOARD version -mini- 6000mAh マルチデバイス対応 モバイルバッテリー
  • cheero
  • cheero Powerbox Black 7000mAh 大容量モバイルバッテリー
  • cheero mart