グーグル、スマートなサーモスタットをテスト中

グーグル、スマートなサーモスタットをテスト中 1

2回目の挑戦。

The Informationが、グーグルがインターネットにつながるサーモスタットをテスト中と伝えています。そのサーモスタットを使うと、エネルギー消費量をトラッキングしたり、遠隔で設定を操作したりできるんだそうです。

なんかそれって聞いたことある!と思われたなら、それは(a)人工知能搭載のサーモスタットNestと大体同じだから、または(b)グーグル自身も以前同様のコンセプトに基づくものを作っていたから、でしょう。グーグルが2、3年前に作っていたのはPowerMeterというWeb上のダッシュボードで、家庭でのエネルギー消費をトラッキングできるものでした。でもそのプロジェクトは、グーグルいわく「スケールアップが難しい」ために、2011年に終了していました。

今回の噂が本当なら、グーグルは改めて今こそそんなデバイスを世に出すべきときだと考えてるのでしょう。たしかにNestはスマートなんですが、大体においてアーリーアダプター向けの製品でした。でもそろそろ、たとえばサーモスタットとか火災報知機といったホームアプライアンスをネットにつなげてスマートに動かすのがもっと一般化し始めるのかもしれません。

ただ懐疑的な人たちは、「世界中の情報を整理する」と標榜するグーグルが家の中に入って来ちゃったら、プライバシーをますます吸い上げられちゃうって心配するかもしれません。でもそこをあんまり気にしなければ、スマートなサーモスタットで賢く節約ってのは良さげです。The Informationでは、グーグルは自前のサーモスタットを作るんじゃなく、既存のEcobeeのサーモスタットを流用するかもしれないとしていて、であれば比較的早く公開される、のかもしれません。でも今はまだ噂段階なので、「グーグルのサーモスタットってどんなものに…」って妄想して楽しんでおきます。

The Information via Verge

Image by starmanseries under Creative Commons license

Jamie Condliffe(原文/miho)