ミツバチが中に? 未来の「病気発見装置」はこんな素敵なオブジェかもしれない

ミツバチが中に? 未来の「病気発見装置」はこんな素敵なオブジェかもしれない 1

ガラスで作られた奇妙なオブジェ。デザイナーのスザーナ・ソアレス(Susana Soares)氏が開発したもので、今年のオランダのデザイナーズウィークでも注目を集めました。

実はこのオブジェを使えば、癌、糖尿病、結核などの病気を「早期発見」することができます。しかも、その仕組みがとてもユニーク。

ミツバチが中に? 未来の「病気発見装置」はこんな素敵なオブジェかもしれない 2

なんと「ミツバチ」を使っています。一体どういう仕組みなのでしょうか? 兄弟メディアのルーミーで詳しく紹介しているので、是非ご覧になってみてください。

未来の「病気発見装置」はこんな素敵なオブジェかもしれない[roomie]

(ギズモード編集部)