乗れるよ! 走るよ! エンジンまでもレゴ製の車だよ(動画)

やっぱり、レゴの可能性は無限大

過去にもレゴ・ブロックを使った実物サイズの車はありましたが、この車のスゴいところはエンジンまでもレゴ(と256本のピストンを含む部品)で組み立てられたという点。エンジンは圧縮空気で駆動し、速度は時速約32kmを出せるそうです。

50万個以上のレゴ・ブロックを使って同車を作ったのは、オーストラリア人実業家のスティーブ・サマルティーノ (Steve Sammartino)さんとルーマニア人のラウル・ワイダ(Raul Oaida)さん。同車をルーマニアで組み立て、その後メルボルンに運んできたんだとか。 

公道で実際に走らせてみたものの、「レゴがバラバラにならないよう、出来るだけゆっくり走らせた」そうです。慎重になるのも分かります。いきなりレゴが崩れて一大プロジェクトが台無しになるかもしれませんもの。とってもマッタリしたドライブになりそうけど、エンジンまでもレゴ製の車でドライブって想像しただけでワクワクしますね!

Super Awesome Micro Project

たもり(Jamie Condliffe/米版