プラチナデータの現場保存が現実に。米警察が犯罪現場撮影に3Dスキャナー導入、法廷資料にも活用(動画あり)

レーザー光で瞬時に3Dデータ取って、すぐ立入り禁止も解除できる!

映画『プラチナデータ』で近未来の捜査手法として使われたファーロ(FARO)社の3Dスキャナーが現実の現場デビューです。

いち早く採用したのは米ニューメキシコ州ロズウェル署など。

導入費用は計8万6000ドル(880万円)もかかりましたが、これを使えば数ミリメートル単位の高い精度で画像を一発で取得できます。これまで人力で数センチメートル刻みに区切ってパシャパシャ撮ってから後で継ぎ合わせていたことを思うと、まさに夢の技術。

まあ、この捜査手法が主流になればいろんな良からぬことも起こるとは思いますが。例えば犯罪シーンがPirate Bayにリークしたり、Oculus Rift対応になったり、有名な乱射現場の3D模型が出回ったり、四六時中なんでも3D撮影する警官が現れたり…気味悪いこと考えたらキリないけど、ニュース映像のデモを見ると、そんな心配が吹っ飛ぶぐらいメリット大きいことがわかります。方向転換していろんな角度から現場検証できるし、ズームイン、ズームアウトも思いのままで、こ~れは捜査や裁判にもんのすごく効果ありそう。

証言は言い回しひとつでいくらでも意味が変わるけど、これは強力だわ。

3Ders via Motherboard

ERIC LIMER (原文/satomi)