イビキで眠れない夜にサヨウナラ!「IQ Bed」

イビキで眠れない夜にサヨウナラ!「IQ Bed」 1

今年のCESはフィットネス系、健康管理系がホットなかんじですね。

そういったガジェットに興味津々な方、健康なカラダには質の良い快適な眠りも重要ですよね? ということで、このSleepIQを搭載したベッドX12なんかも気になるガジェットなのでは?

マットレスのスプリングが良いのは当たりまえ。それに加え快適な眠りにいざなってくれるSleep Number systemがアプリと連動し、どんな質の眠りをしていたか?を記録しておいてくれるんです。

イビキで眠れない夜にサヨウナラ!「IQ Bed」 2

そして、スマホやPCからこちらの企業のパーソナルページにアクセスすれば、分かりやすい円グラフなどで自分の眠りデータを確認することができるようになっています。

イビキで眠れない夜にサヨウナラ!「IQ Bed」 3

また、Sleep Number X12はリモコンを使わずに、声で指示を出せば、コマンドをきいてくれるんです。たとえば、テレビを観たり、読書をしたいときは口頭で指示すれば、好きなアングルまで、ウィ~ンと上がったり、眠りたいときには一言いえば、寝る体制まで下げてくれるんです。

また、パートナーがイビキをかいてしまう人にはありがたい、イビキ予防機能もついているんです。X12に口頭で伝えると、イビキをかいている人の頭を起こさないように、優しく動かして適切な気道を確保してくれるんだそうです。何気に、パートナーのイビキは大きな問題なので、それを解決してくれるのは嬉しいですよね?

ただ、快適な眠りはお安くありません…。お値段は8000ドル(約83万円)。とはいうものの、某高級ホテル仕様のベッドには100万円超えのものもあったりもするし、そもそもベッドって高かったりしますからね…。ちなみに、今年2014年2月より販売開始だそうです。気になる方はチェックしてみてくださいね。

[Sleep Number]

-Andrew Liszewski(原文/junjun)