ジャマイカ・ボブスレーチームの五輪出場で仮想通貨Dogecoinの価値が急上昇…って何それ!

ジャマイカ・ボブスレーチームの五輪出場で仮想通貨Dogecoinの価値が急上昇…って何それ! 1

『クール・ランニング』続編に入るべき逸話が、五輪前に早くも。

ジャマイカのボブスレーチームといえば、映画『クール・ランニング』の題材にもなりましたが、2002年以来五輪からは遠ざかっていました。でも最後の出場から12年となる今年、ソチ・五輪への出場が決まったんです。

ただ問題がひとつ。お金がないんです。選手のウィンストン・ワットさん(2002年のソルトレークシティ・五輪にも出場)とマーヴィン・ディクソンさんは自分たちのお金もありったけ使いつつ、PayPalで寄付を募りました。それに気づいたDogecoin Foundation(仮想通貨のDogecoin創設者によって作られた財団)代表のリアム・バトラーさんは、なんとかしたいと考えました。

そこで彼はボブスレー(Bobsled)を文字って、Dogesledキャンペーンを始めたんです。

バトラーさんいわく「何通かメールを送った」だけで、寄付が一気になだれ込んできました。RedditのDogecoinスレッド住人も参加して、月曜日の朝にはジャマイカのボブスレーチームへの寄付金2万5000ドル(約261万円)がDogecoin Foundationに集まっていたんです。

とはいえ、Dogecoinのレートも乱高下するので、レートが良いときにリアル通貨に交換しなきゃいけません。「Dogecoinを未来のコミュニティ通貨として信用しているといっても、ボブスレーチームが航空券を買うにはリアル通貨じゃなきゃいけませんからね」とバトラーさん。Dogecoinの対Bitcoinレートが50%も上昇していることに気づいて、あわててパブから家に帰ったそうです。

90年代ノスタルジアな『クール・ランニング』ですが、2014年版の続編が来るとすれば、そこにはこの2010年代的エピソードが入ってくるんでしょうか?

Guardian、Image via Reddit]

Adam Clark Estes(原文/miho)