【予言】Facebookユーザー数は2017年までに80%減少する…疫病の伝播・収束モデルからの予測

【予言】Facebookユーザー数は2017年までに80%減少する…疫病の伝播・収束モデルからの予測 1

たしかに、人から人に伝染るものですから。

Facebookを伝染病みたいなものと思う人がいるなら、あながち間違いじゃないかもしれません。プリンストン大学の研究者らが、Facebookの人気は伝染病みたいなものだとして、そのユーザー数の推移を予測したんです。そして、人類がその魅力に対する免疫を持つようになれば、Facebookは死に絶えるとも言っています。

その研究チームでは、Facebookのユーザー数増加を疫病の成長カーブになぞらえて、ペストみたいに根絶に向かっていくと予測しています。さらに彼らはFacebookは今後3年間でユーザーベースの80%を失うだろうともしています。その論文は現在ArXivサーバーで公開されています。

アイデアには病気と同様に、人と人の間で伝染するように広がっていき、最終的には死に絶える現象が見られている。そしてその様子は疫学モデルでうまく表現できる。[…略…]アイデアは、互いにそれを共有する人の間のコミュニケーションを通じて広がる。アイデアの伝道者は、最後にはそのアイデアへの興味を失い、伝えるのをやめる。それはアイデアに対する「免疫」を獲得した状態と考えられる。

プリンストン大学のジョン・カナレラ氏とジョシュア・スペシュラー氏は、疫病の広がりと収束をマッピングするのによく使われる方程式をSNSの成長と縮小にあてはめてモデル化しました。彼らはそのモデルについて、MySpaceから集めたデータを使ってブームと急降下を適切に予測できることを検証し(MySpace今もサービスしてますけどね)、それをFacebookにあてはめました。その結果彼らは、「Facebookのユーザー数は2017年までに80%減少する」という予測に至ったんです。

もちろん、疫病の予測に使われる方程式をFacebookにあてはめるのが本当に妥当かどうかはわかりません。Facebookがこれからさらに成長するにしても伸び悩むにしても、そこには今見えないものも含めていろんな要因が影響してくるはずです。だから方程式だけじゃ、問題を簡略化しすぎてしまう懸念があります。

でもたしかに最近、FacebookのCFO(最高財務責任者)のデビッド・エバースマン氏はここ3ヵ月で日々のユーザー数、特に10代前半のユーザーが減少していることを認めました。日本でもパソコン通信とか他のSNSとか、栄枯盛衰がありました。盛者必衰の理は、Facebookにもあてはまるんでしょうか?

arXiv via Guardian、Image via Pan Xunbin/Shutterstock]

Jamie Condliffe(原文/miho)