GoPro×望遠ってもしかして最強種…? Cマウント改造キット「RIBCAGE MOD KIT」(動画あり)

2014.01.27 07:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10997869684_8dd3d97680_z.jpg


Cマウント受けのアダプターを使うことで、ニコンのレンズも使えちゃう!

アクションカムとして不動の人気となったGoPro。超々ワイドなレンズではなく、他のレンズに交換して超々超々いいかんじなズームにマクロ撮影をしてみたいと思ったことはありませんか?

できるんです。BACK-BONEの改造キット「RIBCAGE MOD KIT」を使うことで、GoPro HERO3/3+をレンズ交換型に進化させることができちゃうんです…!


10998046246_51449e2c75_z.jpg


RIBCAGE MOD KIT」はGoPro用のCマウント/CSマウントつきフロントパネル。50年代とか60年代に映画、報道の現場で使われてきた16mmシネカメラや、監視カメラに使われているレンズが使えるようになります。


10576640303_69bb6a8a40_z.jpg


改造キットはノーマルのレンズ&フロントパネルを外して交換する必要があります。あらかじめGoPro HERO3+ Black Editionに組み込み済みの「RIBCAGE MODIFIED CAMERAS」もラインナップ。


10997873434_1ab78979cd_c.jpg


IRカットフィルターを入れたり外したりも自由。赤外線動画も撮れちゃう。ラジオライフ的なことに使ってはダメですよ。



マクロ+ハイビジョン120fps(480p・240fpsかも?)。水ってこんなにもプニプニだったんだ…。



ニコンレンズも使った望遠シーン。月! 撮りたい!



改造手順はコチラ。手慣れたメーカーの人の手で20分ほどの工程です。

Cマウントレンズは中古で数千円からゴロゴロしてますが、監視カメラ用のレンズは性能がイマイチなのでご注意を。定番のアンジェニューケルン・スイターのレンズは高値安定で手が出しにくいのですが、そのボケ味の美しさはハンパないです。個人的には比較的入手しやすいコダックのレンズがおすすめ! ヤフオクやeBayで狙うなら、レンズ単体よりレンズつき16mmシネカメラを狙ったほうが幸せになれるかも。


BACK-BONE

(武者良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Go Pro 【GoPro NIPPON国内正規品】 GoPro HERO3+ ブラックエディション アドベンチャーCHDHX-302-JP
  • Go Pro
・関連メディア