フィクション史上最も心が震えるロボットたちの死

フィクション史上最も心が震えるロボットたちの死 1

心を持ったロボットはもう人間と同じなのかもしれません。

誰かの死は非常に悲しいことですが、それはロボットも同じです。映画やドラマを観ていると良くあるのですが、一緒に育ってきたロボットや、ずっと自分を守ってくれたロボットなど、彼らが機能を停止してしまう瞬間は、思わず涙が止まらなくなってしまうこともよくあります。

今回は兄弟メディアKotaku JAPANで紹介されていた「フィクション史上最も心が震えるロボットの死」から1つだけピックアップしてお届けしようと思います。

1:T-800『ターミネーター2』(1991年)

1作目では全く感情の無い、冷徹な殺し屋ロボットだったT−800。ですが、2作目では全く同じ容姿でサラ&ジョン・コナー母子を護る側につきます。

始めはすぐに人を殺そうとする、終末戦争の未来からやってきたロボットでしたが、若きジョンが「人殺しをやってはいけない」といった命令を与え続け、徐々に人間界のルールを学習していきました。

最後は無敵と思われた液体金属T−1000を見事に撃退するも、T−800本人が現代に残っている限り、将来またターミネーターが開発される危険性があるとして、T−800も溶鉱炉へ自ら沈んで行くのです

沈みきる直前に力強く親指をグっと立てるシーンは、ジョンの良き相棒、そして父親が居ない彼にとっては、少し父親として重ねて見ていたかもしれない存在が消えていってしまう切なさを感じずにはいられません

その他、沢山の名シーンの紹介をしているので、気になる方は下記リンクより確認してみてください。

人間の死よりも泣ける? フィクション史上最も心が震えるロボットの死10選[Kotaku JAPAN]

(ギズモード編集部)