OM-D初のストロボ内蔵機。上級機譲りの性能を持つ筋肉質系ミラーレス「E-M10」

OM-D初のストロボ内蔵機。上級機譲りの性能を持つ筋肉質系ミラーレス「E-M10」 1

もういくつ寝るとCP+。カメラの大イベントを控え、各社から熱意のこもったモデルが次々と発表されています。

E-M10」は、E-M5・E-M1でマイクロフォーサーズここにあり!と強いインパクトを残している高級ミラーレスのスタンダードモデル。E-M5の1605万画素センサー&E-M1の画像処理エンジンTruePic VIIを採用し、E-M5よりキレイな写真が撮れそうな下克上を予感させるデジカメです。

サイズはよりコンパクトに。STYLUS 1にも迫る勢いで、手の小さな人でもしっくりと馴染みます。

OM-D初のストロボ内蔵機。上級機譲りの性能を持つ筋肉質系ミラーレス「E-M10」 2

OM-Dの思想をより多くの人に味わってもらうべくの仕様なのでしょう。ストロボ内蔵です。

OM-D初のストロボ内蔵機。上級機譲りの性能を持つ筋肉質系ミラーレス「E-M10」 3

ダイヤル×3にボタン×4。E-M5のレイアウトをほぼ継承しています。

OM-D初のストロボ内蔵機。上級機譲りの性能を持つ筋肉質系ミラーレス「E-M10」 4

背面のレイアウトもほぼ同一ですね。

OM-D初のストロボ内蔵機。上級機譲りの性能を持つ筋肉質系ミラーレス「E-M10」 5

そしてチルトモニタ。可動範囲は一般的です。

NOT防塵防滴。手ぶれ補正も3軸に(それでも十分強力ですけどね)。日常的なシーンではオーバースペックに見えた部分をスポイルすることで低コスト化を実現したようです。

まだ未発売ゆえに、E-M5の最安値(7万円を切るぐらい)より高価な値札となっていますが、季節を重ねるとともにお値頃感が出てくるはず。じっくり時間をかけて愛機を選びたい方、選択肢の1つとしてどうぞ。

OM-D E-M10[オリンパス]

(武者良太)