さっとメモをとりたい時に使えて、お手頃なメモアプリ『OneNote(ワンノート)』が便利そう

さっとメモをとりたい時に使えて、お手頃なメモアプリ『OneNote(ワンノート)』が便利そう 1

全然オススメできますよ! 筆者は好きです。

マイクロソフトはモバイル分野において苦戦を強いられていますし、日本においては最新版Windowsフォンの発売すらしてもらえないという悲しい状況だったりしますが、モバイルアプリ分野においてアップルやグーグルに遅れをとらないように、努力を続けているのが分かりますね。

本アプリ『OneNote(ワンノート)』は、マイクロソフトのWindowsフォンに標準搭載されているメモアプリなんですが、iPhoneからもAndroid端末からも利用できるようにアプリがリリースされています。

そして、「スカイドライブ」(※注)と連携して、あらゆる端末と自動的に同期され、どの端末からでも利用できるメモサービスです。

ここまでの説明で、詳しい方ならお気づきのとおり、これは「エバーノート」や「Googleキープ」のマイクロソフト版とも言えるアプリですね。

メモアプリの使い勝手

さっとメモをとりたい時に使えて、お手頃なメモアプリ『OneNote(ワンノート)』が便利そう 2

「特に時期は決まってないんだけど、イザというときに忘れてると困る」というような用事について備忘録として使いたい時に、こうしたメモアプリは威力を発揮します。

筆者的にドンピシャなのは、例えば「テニスラケットのガットをいつ、どの銘柄を使い、何ポンドで張ったのか」というメモです。

ガットはいつ切れるか分からないので、せっかくメモしても埋もれてしまいがちなんですけど、必要な時にはサッと取り出したい情報なんですね。

こうした情報は、この手のメモアプリにとても相性がいいと思いますよ。

ウィジェットを使ってより便利に

さっとメモをとりたい時に使えて、お手頃なメモアプリ『OneNote(ワンノート)』が便利そう 3

さっとメモをとりたい時に、ホーム画面上のウィジェットからすぐにメモ作成に入れるのは、非常に便利です。

上の画像は、上側が「ワンノート」のウィジェット、下側が「Googleキープ」の物なんですが、「ワンノート」では、ウィジェットからアプリのホーム画面を起動できるのに対して、「Googleキープ」では、新規ノートの作成に機能を絞っていますので、アプリ起動のためにアプリアイコンも別途設置しないといけないという違いがあります。

細かい違いですが、ウィジェットが使えるAndroid端末の利便性を最も引き出しているのは「ワンノート」と言えるでしょう。

さっとメモをとりたい時に使えて、お手頃なメモアプリ『OneNote(ワンノート)』が便利そう 4

さらに「Googleキープ」と違い、「ワンノート」の場合は大切なメモのショートカットをホーム画面上に設置する事が出来ます。すぐに見つけたいメモを、大量のメモから探し出す必要がないので良い感じですよ。

買い物リストなどをホーム画面上に置いておいて、随時更新しながら使うというような使い方もできるでしょう。

さっとメモをとりたい時に使えて、お手頃なメモアプリ『OneNote(ワンノート)』が便利そう 5

しかし、「Googleキープ」なら、期限がある用事についてリマインダーを設定することができますが、「ワンノート」ではリマインダーの設定はできません。

リマインダーが必要な予定(ToDo)に関しては、「アウトルック」を使って欲しいというマイクロソフトの考えがあるのかも知れませんが、Windowsフォン以外で使うことを考えれば、これは備えておいて欲しい機能でしょうか。

この他に兄弟メディアのTABROIDではどんな使い方が「ワンノート」には向いているかについても解説していますので、気になった方は是非ご覧ください。

マイクロソフトが本気出したメモアプリ『ワンノート』。Googleキープやエバーノートから乗り換えもアリ![TABROID]

(ギズモード編集部)