車にもちゃんと聞こえる自転車用ホーン兼ライト「ORP」

車にもちゃんと聞こえる自転車用ホーン兼ライト「ORP」 1

「自転車は車道へ」になってきた今、大事。

自転車で車道走ってると、自分のこと見えてなさそうな車がいたりして怖いことがあると思います。でも、ベルをチリンチリ~ンって鳴らしたくらいじゃ車に乗ってる人には聞こえませんよね。そんなとき、このLEDヘッドライトとホーンが一体化したORPが役立ちます。96デシベル(電車が通るガード下くらい)の大きな音を出してくれて、窓を閉めきった車からでもその音が聞こえます。ちなみに車のクラクションが110デシベル程度なのでそれよりは小さいですが、チリンチリンよりはずっと大きいです。

車にもちゃんと聞こえる自転車用ホーン兼ライト「ORP」 2

といっても、歩いてる人とか自転車同士に対しては、従来のチリンチリ~ン程度の音量も出せないとビックリさせちゃいますよね。なのでORPでは、76デシベル(目覚まし時計の音くらい)のピコピコっていう音(JIS規格では自転車ベルは75デシベル以上としているので、大体それくらい)と、96デシベルのビーーーって音、2段階の音量が出せるんです。ホーンを鳴らすときは上の画像みたいにしっぽみたいな部分を押すだけです。

音が大きいってことだけじゃなくライトと一体化してすっきりしたデザインだし、それ以外にもいろいろと配慮のある作りになってます。完全防水なのはもちろん、充電式で電池交換不要です。ハンドルバーへの取り付け・取り外しも簡単なので、長く駐輪するとかで心配な場合は持ち歩けば大丈夫です。87ルーメンのLEDヘッドライトは1回の充電で3時間連続、点滅モードならもっと長く使用できます。お値段は65ドル(約6800円)と安くはありませんが、それで危険を回避できるなら、見合う価値はあるんじゃないでしょうか。

Torcano Industries via TheGearCaster

Andrew Liszewski(原文/miho)