一生に一度、ナショジオの記者気分な旅行はいかが?

一生に一度、ナショジオの記者気分な旅行はいかが? 1

白熊好きですか? ちょっと変わった旅行好きですか?

もし両方とも「はい」なら、コンテナみたいなロッジで野生の白熊を観察する旅なんていかがでしょう?

白熊は群れることなく単独行動をする生き物ですが、毎年、秋になると氷橋が出来て北の猟場を求めカナダハドソン湾の湾口部に集まってくるんです。ハドソン湾の湾口部は結構広いので、この移動可能なロッジを設置して白熊を、こんなに近くで観察させてもらえるスペースを確保できるというわけです。

一生に一度、ナショジオの記者気分な旅行はいかが? 2

これはNatural Habitat Adventuresの提供しているロッジで、2段ベッドのある部屋が32室、トイレとシャワーは6室で1つをシェアするようになっているそうです。また、訪問者たちは共有のラウンジか食堂車で集まって白熊について語り合うこともできますよ。

ちなみに、お部屋、ラウンジ、食堂車、どこにいても白熊を観察できるように観察用窓が設置されているので、いつでも好きな時に白熊を眺めることができるんです。

一生に一度、ナショジオの記者気分な旅行はいかが? 3

そんなんじゃものたりない! という人には、よく訓練されたガイド付きの車で遠征ツアーもあるそうですよ。

絶滅の危機にある、美しい白熊の動物園では見れない本当の姿、生活を垣間見ることが

出来る、白熊好きにはたまらない白熊三昧なツアーのお値段は、6日6000ドル(約62万円)やってみたいことリストに加えてみてはいかが?

Natural Habitat Adventures via Gear Junkie

-Andrew Tarantola(原文/junjun)