「音の力でものが浮かぶ」装置を日本人マッドサイエンティストが開発し話題に(動画あり)

2014.01.08 21:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


過去に「光るゴキブリ」をつくっていたメディアアーティストの落合陽一さんが、2014年は超音波を使ってものを浮かすことに成功しました。

音響浮揚」は1975年ころから知られていた原理ですが、これまではただ物体を浮かすだけでなかなか制御がきかなかったのを、この装置は3次元的に制御できます。

従来の音響浮揚では超音波を壁面に当て、その反射波との定在波に生じる節に物体を浮かばせていたようなんですが、今回は四方向にパラメトリックスピーカ(指向性の高い超音波スピーカ)をおき超音波を干渉させることで制御まで可能にしたそうです。

仕組みだけみるととてもシンプルですが、効果としてはすごくカッコよく面白いですよね。ついにコンピュータ・グラフィックスの世界が現実の3次元空間に実現したとも言える、メディアアートの文脈的にもかなりイケてる研究です。

また、スペースシャトルの中で散らばった液体を集めたりだとか、製薬実験などの実用的な利用もできそうです。


落合陽一

(西條鉄太郎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アイアンマン3 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
・関連メディア