東芝、写真撮影後にピントを変えられるカメラモジュールを発表

東芝、写真撮影後にピントを変えられるカメラモジュールを発表 1

東芝は、スマートフォンで写真撮影後にフォーカスのやり直しが行えるカメラモジュールを発表しました。ちょうどLytroのようなテクノロジーですね。

TCM9518MD」は1/4インチ500万画素のCMOSイメージセンサを2個搭載したカメラモジュールで、被写体との距離を測定し、奥行き距離情報を出力することができるというもの。

写真の撮影後でもピントを変えて、背景をぼかしたり逆にくっきりさせたりすることができるので、どんなに写真が下手な人でも「ピンぼけ写真」というのが無くなるはず。

現在「TCM9518MD」はサンプル出荷中なので、年内にはこのモジュールが搭載されたスマートフォンが発売されるかもしれませんね。

[PR Newswire via Verge]

mayumine(JAMIE CONDLIFFE/米版