HPがWindows 7復活キャンペーン。未来から逃げても…

140119Win7isback.png

こんなにすぐ戻れる過去があるのに未来なんて誰が要る、わはは!

…とばかりにヒューレット・パッカード(HP)が「高需要」におこたえしWindows 7復活キャンペーンを米版サイトで始めましたよ。

週末には「Windows 7復活」 と銘打つメールを流し、Windows 8ではなくWindows 7搭載マシンを今買うと150ドルの割引きになる、とPRしてます。対象はデスクトップ3機種とラップトップ2機種。タッチ非対応の旧OSの方が好ましいという意見が米HP社内にあるんでしょうねー。

日本版はそうでもないんですが、HP米版サイト開くとすごいですよ。デフォルトで表示されるのはWindows 7搭載機だけ。標準のリストにはWindows 8の姿も形もなくて、Windows 8のPC見たい人は自分でフィルターをかけて初めて表示されるんです。Androidタブレットですら真ん中に表示されてるのに、まるで全身で「売りたくない」オーラを発しているかのようだわ…。

「Windows 8は違う」、「わかりにくい」、「おじいちゃん・おばあちゃんが怖がる」という声が依然としてあるのはわかるけど、こんな後ろ向きでいいのかな…。

Windows 8も最初ダメだったところは8.1で大量に片付いて、今はだいぶ使いやすくなってます。チュートリアルもできて、UIの細かいところも直ったし、みんな誰かの受け売りで悪口言ってるだけなんじゃ…。

VistaよりXPを宣伝するのならまだ理解できるんですが、Vistaと違ってWindows 8が消えることはありません。サポート期間も7よりずっと長いです。

それにタッチUI、モバイルとデスクトップのコンバーティブル…というのは全体的な潮流であって、1社で後戻りできるようなものでもないですからね。

HPもWindows 95登場の頃からブロートウェアを沢山積んできたメーカーさんなので、あんまりOSをディスれない…そのうちマイクロソフトがHP新型ボイコットとか言い出してきたりして…ハラハラ。

HP via Neowin via Verge

JAMIE CONDLIFFE、ERIC LIMER(原文1原文2/satomi)