アメリカの消防士、命を救うためのグーグルグラスアプリ開発中(動画)

グーグルグラスをハック、人々の命を救うためにコードを書くエンジニア消防士現る。

ノースカロライナ州の消防士パトリック・ジャクソン氏です。彼が開発したアプリは、火災などが発生して緊急通報を受信するとグーグルグラスにも通知し、火災の発生現場をグーグルマップで表示するというもの。他には最寄りの消火栓を探したり、消防士が建物に突入する前に安全な経路を表示する現場のフロアマップアプリがあります。また、車の設計図を表示するアプリもあり、車種をグラスに伝えると、車を適切に分解するための最適な切断箇所を表示できるそうです。

ただしこれらはまだ開発途中。早く現場で活用されるところを見てみたいですね。

グーグルグラスのようなウェアラブルガジェットの実用性が、このような形で活用されるのはとても腑に落ちます。まさにイノベーション! 

Google

mayumine(JAMIE CONDLIFFE/米版