大熊と子犬のように戯れる子鹿物語の熊調教師(動画)

ひ、ひぃぃぃいぃ…

体重590kg身長244cmの大熊と子犬のように戯れる熊調教師ダグラス・スース(Doug Seus)さん(71)です。

熊調教師は世界に数人しかいないのですが、スースさんはこの道40年のベテラン。妻リンさんと共に、映画・TVの撮影用にユタ州ヒーバーバレーの農場でこれまで4頭調教してきました。近作では『ゲーム・オブ・スローンズ』に出てる熊なんかもスースさん夫妻の熊です。

頭にガブッとかぶりつき首ポロン…と思いきや、愛情表現するグリズリー・ベア。

大熊と子犬のように戯れる子鹿物語の熊調教師(動画) 1

襲ってねじ伏せて爪でバサッ…と思いきや、ハグ&キス攻めにするグリズリー・ベア。「OFF!」と言うと素直に体を離します。…ったく、どうなっちゃってんでしょうね…!

大熊と子犬のように戯れる子鹿物語の熊調教師(動画) 2

ダグラスさん夫妻は調教が大好き。最初は狼、犬、猫、馬から始め、やがてクーガー、コヨーテ、鹿、狐、たぬき、スカンク、鷹、イーグルに範囲を拡大してゆきました。

転機となったのはヒグマのバート(Bart the Bear)との出会いです。バートはジャン=ジャック・アノー監督の1989年の映画『小熊物語(The Bear)』に出演し、迫真の演技で世界中の聴衆を虜にします。まあ、撮影に6年かけた監督の執念の賜物でもありますが。以来、夫妻はコディアックヒグマ、グリズリーベア、狼を専門に調教を続けてきました。

調教の基本は「長い時間一緒に過ごして根気よく芸を仕込んで躾けることじゃよ」と話すダグラスさん。愛情と根気でここまで通じ合うものなのか…。まあ、日本にも昔は熊との混浴で有名だった玉川温泉ありますが…。

大熊と子犬のように戯れる子鹿物語の熊調教師(動画) 3

ダグラスさんのサイトにはブラッド・ピットと共演したときの写真なんかも出てますよー。

YouTube via Doug Seus

satomi(CASEY CHAN/米版