スマートフォンでコレステロール診断が可能になる「smartCARD」が研究開発中

スマートフォンでコレステロール診断が可能になる「smartCARD」が研究開発中 1

数分でコレステロールが計測できるスマートフォンアクセサリー「smartCARD」がコーネル大学で研究開発されています。

「smartCARD」では、血液、汗、唾液を試験紙に垂らし、化学反応からコレステロールを診断します。色解析を行うのですが、試験紙の反応を正確にアプリケーションで処理できるようフラッシュの拡散光を用いて、スマートフォンのカメラで分析することができます。

スマートフォンでコレステロール診断が可能になる「smartCARD」が研究開発中 2

数分後、ユーザーのコレストロールレベルが表示されます。

コーネル大学のエリクソン研究所では、アプリケーションが善玉コレステロールと悪玉コレステロールのレベルを指定するように、さらにデータの解析を進めているところです。

今すぐフライドポテトを買って食べて良いかどうかすぐに知ることができるし、コレステロールのための健康診断をスキップできるようになるのも良いですよね。

コレステロールまでガジェットでコントロールできる時代がもうすぐ来そうです。

Cornell University via Gizmag

mayumine(ANDREW LISZEWSKI/米版