スピードスケートUSチームのレーシングスーツ「Mach 39」がすごいらしい。

スピードスケートUSチームのレーシングスーツ「Mach 39」がすごいらしい。 1

五輪といえば…

人類の肉体的能力の限界を競い合う場所ですが、スポーツ用品メーカーにとっても、世界的に技術を見せつけるチャンスの場でもあります。選手たちの最高のパフォーマンスをサポートしながら。

そんな中、アメリカのスポーツブランドUnder Armour(アンダーアーマー)が、世界一のスピードを出せると自負している新しいスピードスケート用のレーシングスーツ「Mach 39」を発表しました。こんな感じ。

  

スピードスケートUSチームのレーシングスーツ「Mach 39」がすごいらしい。 2

なんと、アメリカ合衆国の航空機・宇宙船の開発製造をしている会社Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)が技術提供をしているんです。Mach 39は、300時間以上もの風洞テストを受け、最適の空気力学的設計を決定するのにLockheed Martinの数値流体力学を使用したんだそうです。もちろん、五輪で金メダルを獲得できるかどうかは、選手のパフォーマンス次第という前提がありますけど、スーツにおける空気抵抗の差異によって速度に違いが出てくるみたい。

また、お気づきかもしれませんが、スーツの前身ごろにあるジッパーが斜めに入ってるのは、より快適に着ていられるためだそうです。そして、部分的にメッシュ素材を使うことによって選手の身体をクールダウンしたり、内ももの素材を工夫することで股ずれを防ぐ効果もあるんだとか。わずかではあるものの、こういった小さな技巧がタイムに影響を与えるそうですよ。

スピードスケートUSチームのレーシングスーツ「Mach 39」がすごいらしい。 3

このMach 39で、アメリカはスピードスケートで、どんな結果を出せるのかな?

Under Armour via SneakerReport

junjun(ANDREW LISZEWSKI /米版