手元にあるモノをパシャリ! カメラが付いてるUSBマウス

手元にあるモノをパシャリ! カメラが付いてるUSBマウス 1

そこかあああ!

1月31日にキングジムから発売の「カメラ付マウス」は、その名の通りUSBマウスの裏面に200万画素のカメラを搭載したガジェット。オフィスで書類作ったり、ブログ記事を書く上でちょっとしたモノ撮りする時、スマホで写真を撮ってメールやクラウドでパソコンに送る、なんて方多いのでは? ちょっと前にモバイルアプリの「Bump」にスマホで撮った写真をパソコンにぶつけて転送する機能なんてのもありましたっけ…。

無線技術は便利だけど、なんだかんだ言って一手間かかる。だったらいつもパソコンに繋がってるUSBマウスにカメラを付けてしまえ! という華麗なる発想。いやはや関心しました。

手元にあるモノをパシャリ! カメラが付いてるUSBマウス 2

カメラはマウスの裏側についており、カバーをスライドさせることでカメラレンズが現れます。そしてパソコン上でソフトを起動。ディスプレイを確認しながらマウスの「シャッターボタン」を押す事で写真を撮れるので、写真をパソコンに送る手間が省けますね。

さらに専用のソフトで明るさやコントラスト、トリミングなどのちょっとした編集もできちゃいます。加えてビデオ撮影やQRコードスキャンの機能なども。また画像1枚あたりのデータ容量が約300〜500KBなので、圧縮する必要も無い親切設計。お値段は税別4000円で、対応OSはWindows 7から8.1のみです。

私はMacユーザーかつトラックパッドが好きなので導入できませんが、Windowsユーザーで簡単なモノ撮りが多い方は重宝しそうですね!

[キングジム「カメラ付マウス」]

(徳永智大)