6インチ時代の到来を予感させる出来! Xperia Z UltraをiPad mini&Nexus 7と比較しながらおさわりしました

2014.01.22 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140121XperiaZUltramain.jpg


これからはこのサイズが来る!

本日、発表されたタブレット「Xperia Z Ultra」。液晶サイズが6.4インチという、これまでにはないサイズ感。間違いなく、2014年前半の目玉製品です。

えー、実はギズモード編集部では、事前にXperia Z Ultraをお借りしまして、使わせて頂いておりました。いやー、なんでしょう。iPadが出たときや、iPad miniが出たとき、Nexus 7を手にしたときとも違う、新鮮な気分になりました。さっそく、詳細レポート行ってみましょう。


まずは軽くスペック紹介から


140121XperiaZUltra01.jpg


まずは、Xperia Z Ultraのスペックを簡単にご紹介しましょう。

液晶サイズ:6.4インチ
解像度:1920×1080
OS:Android 4.2
CPU:Qualcomm APQ8074 2.2GHz
メモリ:2GB
ストレージ:32GB
カメラ:810万画素(リア)、220万画素(フロント)
サイズ:92(W)×6.5(H)×179(D)mm
重量:約212g

6.4インチのタブレットって、あまり見かけませんね。実際触るまでは、「7インチとそれほど変わらないだろー」と思っていましたが、実際手にとってみると、これまでにない感覚です。特にXperia Z Ultraは薄型なので、ほんとに片手で簡単に持ち歩けるんです。

しかもしかも、防水防塵なんです! お風呂のお供にいいのではと、勝手に想像してしまいます。

現行のNexus 7を見たときも「軽くて薄くて、タブレットは7インチだな」なんて思っていましたが、いや違う。6.4インチだろと思いました。それほど衝撃的でした。

ギャラリーでXperia Z Ultraを舐めまわすようにみてください。


140121XperiaZUltragalally01140121XperiaZUltragalally02140121XperiaZUltragalally03140121XperiaZUltragalally04


iPad mini Retina & Nexus 7とLet's 比較!


140121XperiaZUltra02.jpg


さてここからは、小型タブレット界の2トップである、iPad mini RetinaNexus 7にご登場いただき、Xperia Z Ultraと比較してみたいと思います。

まずは3台を並べてみました。iPad mini Retinaが大きく見えますね。画面サイズは、iPad mini Retinaが7.9インチ、Nexus 7が7インチ。Xperia Z Ultraは6.4インチです。Nexus 7とXperia Z Ultraは0.6インチの差しかありませんが、本体はかなり小さくなっています。

お次は、片手持ちの比較です。女性に持ってもらいました。


140121XperiaZUltra03.jpg


Xperia Z Ultraは女性の手でも簡単につかむことができます。しっかりホールドできていますね。Xperia Z Ultraの横幅は92mmです。


140121XperiaZUltra04.jpg


Nexus 7も、片手で持つのにそれほど苦しいという感じではありません。横幅は114mmと、約2cm大きくなっています。


140121XperiaZUltra05.jpg


iPad mini Retinaは、女性の手では片手で持つのは厳しそう。男性でも、片手でしっかりホールドするのは難しいですよね。横幅は134.7mm。Xperia Z Ultraと比べると4cm以上も違います。

今回モデルになっていただいた女性によると、「Xperia Z UltraのあとだとNexus 7がすごく大きく感じる」とのこと。Xperia Z Ultraはベゼル部分がかなり狭くなっているので、液晶サイズよりも本体が小さく感じます。


140121XperiaZUltra06.jpg


薄さを比較してみました。上からXperia Z Ultra(6.5mm)、Nexus 7(8.65mm)、iPad mini Retina(7.5mm)です。実は、Nexus 7が一番厚いんです。しかし、Xperia Z Ultraの薄さたるや。まるで板チョコのような感じです。間違えて食べてしまわないようにしないと。


140121XperiaZUltra07.jpg


上から見てみましょう。やはりiPad mini Retinaの大きさが際立ちます。miniなんですけど。しかし、Nexus 7と比べても、Xperia Z Ultraの小さいのがわかります。Nexus 7ですら大きく見える。もう、戻れない予感……


ズボンの尻ポケットに入るのか?


え〜、数年前、尻ポケットにノートPCやデスクトップPCを入れるのが流行ったことがありました。こんなに薄くて片手でひょいと持てるXperia Z Ultraはどうなんでしょう。実際に入れてみましたよ。


140121XperiaZUltra08.jpg


すんなり入ります。入れっぱなしはダメですけれど、電車の中などでXperia Z Ultraを使っていて、降りるときなどにスッと尻ポケットに入れたりできますね。かっこいい。ニューヨーカーみたい!


6.4インチのディスプレイの見やすさはいかに!?


140121XperiaZUltra09.jpg


Xperia Z Ultraの液晶ディスプレイは6.4インチで1920×1080ドットのフルHDとなっております。フルHD動画を再生させると、画面いっぱいに動画が再生されて気持ちいい。しかも、この液晶はかなりきれいです。発色がよく、適度なコントラストがあって、長時間見ていても疲れにくそうです。


140121XperiaZUltra10.jpg


電子書籍を表示してみました。まずは小説。いやー、なんだろう。この手の平にぴったりなサイズ感と見やすい液晶だと、小説も快適です。ページめくりでもたつくこともありません。


140121XperiaZUltra11.jpg


マンガも表示してみました。快適。見開きはちとキツイ感じですが、1ページずつの表示なら何の問題もありません。


140121XperiaZUltra12.jpg


Chromeでギズモードを表示してみました。PC用ページがほぼそのまま表示されます。若干横が足りない感じがしますけど、大きな問題にはならなそう。僕は普段、外出先ではiPhone 5を使ってWebブラウジングすることが多いのですが、やはり見づらいなーと思うことがあります。Xperia Z Ultraのこのサイズなら、見づらいということはありません。うむ、今のところ100点満点じゃないですか!


別売りオプションをチェック


140121XperiaZUltra13.jpg


Xperia Z Ultraには、別売りのオプションがあります。ひとつが、充電用のクレードル。Xperia Z Ultraを横にしてセットします。


140121XperiaZUltra14.jpg


使用イメージはこんな感じ。卓上ホルダーにもなるので、動画を見るときなどに便利ですね。


140121XperiaZUltra15.jpg


こちらはスタイラスペンです。


140121XperiaZUltra16.jpg


中身を取り出して、伸ばして使います。高級感あふれる仕様となっています。手書きメモを取るときや、LINEポコパンなどやるときに使うといいでしょう。Xperia Z Ultraの購入を考えている方は、ご一緒にどうぞ。


これからのタブレットは片手で持てるサイズが来る!


140121XperiaZUltra17.jpg


と、短い間ではありましたがXperia Z Ultraを使わせていただきました。僕はもちろんのこと、編集部でも「これいいんじゃない?」という高評価です。

いろいろ試してみてわかったんですが、横幅が狭いというのは、縦に持つのが基本の場合は、ものすごいメリットになりますね。ああ、もうほかのタブレットに戻れない気がします……。

タブレット欲しいけど、大きいんだよなーと躊躇している方は、まずはXperia Z Ultraの実物を見ていただきたい。絶対「これだよ! これ!」と思うことでしょう。それほど、この薄さ、小ささには驚くことと思います

そして防水防塵というのもポイント。僕は、お風呂に入るときにiPad miniを密閉式のビニール袋に入れて、マンガ読んだりしてるんですけど、Xperia Z Ultraならそのまま持ち込めるんですよね。そういう使い方をしたいという人には、すごく魅力的なんじゃないでしょうか。


140121XperiaZUltra18.jpg


iPad miniもNexus 7も、iPad AirやSurfaceなどに比べたらそりゃ小さいんですけど、Xperia Z Ultraの登場により、今後このサイズが標準のようになっていくかもしれません。それほどしっくりきました。

ちなみに、今回レビューしたのはWi-Fiモデルです。ソニーストアで販売されます。そしてそして、LTEモデルも出ます。キャリアはau。LTEモデルはサイズや重量は変わりませんが、FeliCaが使えてワンセグ/フルセグ、赤外線対応となっています。

価格がオープン価格ですが、ソニーストアでは5万1800円。ああ、もう我慢できない! 早く発売されないかなー!!


Xperia Z Ultra

(三浦一紀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー
  • cheero mart
  • cheero Power Plus DANBOARD version -mini- 6000mAh マルチデバイス対応 モバイルバッテリー
  • cheero
・関連メディア