携帯通話が1分6.5円のLINE電話、自作スタンプの販売etc…LINEの新発表まとめ

携帯通話が1分6.5円のLINE電話、自作スタンプの販売etc…LINEの新発表まとめ 1

ソフトバンクに買収されちゃうの?という情報もあったり、何かと話題のLINE。

昨日26日、LINEは新サービスの発表会を開催しました。何やら通話料が劇的に変わるとか、クリエイターに嬉しいサービスだとか、かなり盛り上がっていたのでLINEの新サービスについてまとめてみました。

めちゃくちゃ安いLINE電話

■通話料が安い

このLINE電話はとにかく通話料が安いのが特徴で、あらかじめ通話料をチャージする30日プランなら携帯電話への通話料が1分6.5円、固定電話限定プランなら固定電話への通話料が1分2円と驚愕の低価格を実現しています。

また、期間設定のないコールクレジットプランなら携帯電話への通話料が1分14円・固定電話への通話料が3円となっており、こちらも十分にお安い価格設定ですね! 初期費用や月額基本料金などは一切なしとなっており、かなり攻めたサービスです。

似たようなアプリによる格安通話サービスには、先日楽天が買収した無料通話・メッセージアプリの「Viber」があります。こちらは携帯電話への通話料が1分10円固定電話への通話料は無料になると発表しており、LINE電話とはまた違った魅力がありますね! 用途によって使い分けるのも良さそう!?

携帯通話が1分6.5円のLINE電話、自作スタンプの販売etc…LINEの新発表まとめ 2

■電話番号を教える手間がない

さらに、LINE電話から発信すると着信側には「利用者のキャリアの電話番号が表示」されるんです!(着信側がドコモの場合を除く)。これなら、電話をかけた相手に新しい電話番号を教える必要もありません。

■国際電話も安い

また国際電話もお安く利用することが可能で、コールクレジットを利用した場合「アメリカ・オーストラリア・スペイン・中国・インド・シンガポール」などへ1分2円で通話することができます。海外から日本へ電話をかけた場合でも固定電話なら1分3円・携帯電話なら1分14円と、かなり安いですね。

■初期設定いらず

そのほかにもLINEに携帯電話番号認証を使って登録したユーザーなら初期設定は一切不要だったり、日本国内650万件以上の電話番号データベースから位置情報・カテゴリー・キーワードによって発信先を検索できたりと、使い勝手もよさそうです。

携帯通話が1分6.5円のLINE電話、自作スタンプの販売etc…LINEの新発表まとめ 3

自作スタンプが売れるように!

ユーザーが自分でLINEのスタンプを作って販売できる「LINE Creators Market」も発表されました! 4月以降から「LINE ウェブストア」にて個人・企業・プロ・アマチュア問わずにスタンプの販売が可能になります!

LINE Creators Marketへの登録は無料となっており、審査を受けた後に40種類のスタンプを1セット100円で販売することができます。売上の50%はスタンプの制作者に配分されるそうです。

イラストに自信がある方ならちょっとしたお小遣い稼ぎもできるかも!? こちらのサービスも登場が待ち遠しいですね!

メッセージングアプリの戦国時代

携帯通話が1分6.5円のLINE電話、自作スタンプの販売etc…LINEの新発表まとめ 4

最近はFacebookがメッセージングサービスのWhatsAppを約1兆6300億円で買収したり、楽天がViberを買収したりとめまぐるしくメッセージングアプリを取り巻く環境は変化しています。今後もどんな新しい通話サービスが登場するのか楽しみです! 

[LINE株式会社1,2,3iphone-6.es

(塚本直樹)