水の竜巻!? サーファーが高さ8メートルの波に襲われるとこうなる(動画)

水の竜巻!? サーファーが高さ8メートルの波に襲われるとこうなる(動画) 1

世界で一番大きな海の怪物といえば波。サーファーにとっては最大の友でもありますが、25フィート(約8メートル)の波に飲まれるなんて経験は、きっと人生でも数えるくらいでしょう。そしてそれは、ごく僅かなサーファーだけに与えられた特権でもあります。

マーク・ヒーリー(Mark Healey)さんを襲ったこのシーンは、巨大な波に襲われたときの感覚をまざまざと見せつけてくれます。とにかく自分の頭を守り、祈りをこめつつ浮き上がれる方向を見定めるほかに為す術はないというのが、見ていてよく分かりますよね。

この動画は今年1月にカリフォルニア州で開催されたビッグウェーブの大会「マーベリックス・インビテーショナル2014(Mavericks Invitational 2014)」のワンシーン。同大会に出場した際、ヒーリーさんがサーフボードへ取り付けたGoProの撮影動画をTransworld Suftが公開しました。

波がブレイクするタイミングをちょっと見誤っただけで、時すでに遅し。ヒーレイさんはボードから海に飛び降りますが、方向もわからなくなるほどぐるんぐるんと巻き込まれていきます。そしていったん浮上した直後に、また巨大な波が…!!!

でも、こういう自然の脅威も含めて海ってやっぱり魅力的な存在なんです。やめられないんですよね。わかります。ちなみにヒーリーさんが2014ビラボンXXLグローバル・ビッグウェーブ・アワード(2014 Billabong XXL Global Big Wave Awards)にエントリーしたときの動画(昨年11月)はこちら。

壁のようなビッグウェーブを乗りこなしていく姿には「なんという怪物!!!」「狂ってる」というコメントも寄せらるほど。自分の手でパドリングしてビッグウェーブをつかむ快感って、一度味わったら一生取り憑かれるんだろうなぁ。

Rumi(CASEY CHAN 米版