ヴァージン・アトランティック航空、グーグルグラスをスタッフに着用させる試みスタート

ヴァージン・アトランティック航空、グーグルグラスをスタッフに着用させる試みスタート 1

お客さんのプライバシーはどうなるんだろ?

ヴァージンアトランティックは「アッパークラス」(ファーストクラス)の乗客サービス向上のために、スタッフにグーグルグラスとソニーの腕時計型ガジェットSmartWatch 2を着用させる試験的運用を行うそうです。

この試みは、顧客情報をサービススタッフに与えることで、利用客の旅行体験価値向上に繋げるという主旨で始まりました。

同社のプレスリリースによると、イギリス・ロンドンのヒースロー空港のターミナル3に到着した「アッパークラス」の乗客はグーグルグラスを装着したスタッフに出迎えられ、チェックイン手続きを行います。同時にスタッフは、最新のフライト情報や渡航先の天気やイベント情報などを乗客に伝えることができるようになるそうです。将来的にはこうしたテクノロジーを駆使して各乗客に合った食事を提供するなど、パーソナライズされたサービスを実践できるようにしたい、とのこと。

本プロジェクトは試験的に6週間行い、うまくいけばさらに多くのサービス担当者に支給する予定とのことです。

かなり興味深い取り組みですが、人によっては気味が悪いと思う人もいそうです。また、乗客の写真も簡単に撮影できるようになりますよね。

さあ、どうなるのでしょうか。

Sita

mayumine(JAMIE CONDLIFFE/米版