未来感やばい! ロータス初のスーパーバイクがめちゃくちゃかっこいい

140227_lotusc01.jpg

AKIRAの赤いバイクよりかっこいい?

去年6月に発足されたばかりの、イギリスのスポーツカーメーカー、ロータスの二輪部門「ロータスモーターサイクルズ」より同社初のスーパーバイクのプロトタイプ「C-01」が発表されましたよ。

フレームにはカーボンファイバーやチタンなどを使用しており、F1マシンにも使われている航空宇宙用のスチール素材も採用されるのだとか。中身もなかなかハイスペックです。

140227_lotusc01a.jpg

排気量は1195ccの水冷V型2気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は200ps。トランスミッションは6速で、オイルの潤滑はドライサンプ方式です。

生産はKodewaが行い、今後限定100台を生産する計画だそう。

140227_lotusc01b.jpg

ボディのデザインはドイツのデザイナーであるダニエル・サイモンさん。

サイモンさんは近未来的でSFチックな乗り物のデザインで有名で、ロータスのレーシングカーや映画『オブリビオン』、『トロン:レガシー』のあの乗り物などのデザインを手がけた方なんです…! それを聞くだけでなんだか胸が熱くなってきますね!

死ぬまでに一度は乗ってみたいなあ。

LOTUS MOTORCYCLES via レスポンス

(徳永智大)