【速報】マイクロソフトの新CEOにサトヤ・ナデラ氏が就任!

【速報】マイクロソフトの新CEOにサトヤ・ナデラ氏が就任! 1

ようやく決まった!

マイクロソフトは、新しいCEOにサトヤ・ナデラ氏が就任することを発表しました。ナデラはマイクロソフト在籍20年以上のベテラン幹部で、クラウド&エンタープライズ部門の上級副社長として、クラウドのビジネスを大きく成功に導いた人物です。新しいCEOには今日から就任します。

同時にビル・ゲイツも会長職から退きます。その代わりに「テクノロジー・アドバイザー」という役を今後も担っていくことが発表されました。

かつて次期CEO候補と言われながら、2012年に会社を去ったスティーブン・シノフスキー氏もナデラ氏のCEO就任を喜ぶツイートを投稿していました。

ナデラ氏はマイクロソフトの歴史の中で3人目のCEOとなり、特にモバイル分野などユニークなチャレンジに直面している重要な時期での就任となりました。どうしてナデラ氏が適任だったのでしょうか? それはナデラ氏が社員宛に送ったメールに書かれた未来のコンピューターのビジョンが示しているように、勝負の機会とマイクロソフトが置かれた立場を非常によく理解しているからです。

私は今後10年でコンピューティングはさらにユビキタスになり、情報はより身近なものになると信じています。ソフトウェアと新しいハードウェアの共進化は、私達がビジネスや生活、そして世界で起きている多くのモノや体験を結びつけデジタル化するでしょう。これは、ますます増加するコネクテッド・デバイスのネットワーク、素晴らしいクラウドの能力、ビッグデータからのインサイト、そしてマシーンラーニングからのインテリジェンスによって実現するでしょう。

私達はマイクロソフトだけがこの世界に貢献できることに集中しなければなりません。今後訪れるチャンスにおいて、私達はモバイルとクラウド中心の世界に向けて、過去に行ってきた多くのことを再考し、新しいことを実行しなければなりません

私達はソフトウェアのチカラを利用し、デバイスとサービスを通じてすべての人や団体を支援できる唯一の集団です。私達は幅広いチャンスを創造するプラットフォームとエコシステムを構築してきた歴史があり今後も注力していく唯一の企業です。

プラットフォームとエコシステムの構築はマイクロソフト以外の企業も行っていますので、議論を呼ぶかもしれませんね。しかし、マイクロソフトとナデラ氏が何十年もかけて成功への礎を気づいていたことに疑いの余地もありません。クラウドと今後の未来で高みに登ることができるのか、これからマイクロソフトにとって最大のチャレンジとなります。

Microsoft

BRIAN BARRETT(米版/鴻上洋平)