本当ならスゴイ! iPhone 6には1000万画素以上・F値1.8のカメラが搭載されるとの噂

本当ならスゴイ! iPhone 6には1000万画素以上・F値1.8のカメラが搭載されるとの噂 1

ぜひこのスペックで出て欲しい…。

まだiPhone 6のことを考えるのは気が早いかもしれませんが、中国語フォーラムのit168に「iPhone 6は1000万画素以上・F値1.8のカメラが搭載される」という情報が投稿されました!

現行モデルのiPhone 5sには800万画素・F値2.2の背面カメラが搭載されているので、今回の情報が確かならiPhone 6ではまた一段とカメラスペックが向上することになります。

ちなみに、iPhoneに800万画素の背面カメラが搭載されたのはiPhone 4sから。その後、iPhone 5sでセンサーサイズが大型化したりと様々な性能向上が図られていますが、そろそろカメラの画素数そのものがアップグレードされてもいいはず…なんて勝手に思ってしまいます。

さらに投稿者によると、iPhone 6のカメラには日本メーカー(JSR)製のフィルターが搭載されるとしています。まだ具体的にどのフィルターが搭載されるのかはわかっていないそうですが、同社製のフィルターを採用することによりCMOSセンサーの薄型化・軽量化が期待できるそうです。この新型フィルターが搭載されるからセンサーの画素数が向上しても大丈夫、ってことかもしれませんね。

iPhone 6のカメラは800万画素のまま据え置きになるなんて情報もありますが、どうせ期待するならこちらの性能アップの噂を信じたいと思います!

it168 via MacRumorsthenewstribe.com

(塚本直樹)