次期iPhoneや次期iPadは大画面を搭載しつつ、さらに薄型化されるかも!?

次期iPhoneや次期iPadは大画面を搭載しつつ、さらに薄型化されるかも!? 1

次期iPhoneの薄型化、現実のものになるかもしれません。

本日は薄型化、大画面化した次期iPhoneと思われる端末の実機画像が流出しましたが、別方面からも次期iPhoneと次期iPadの薄型化を指摘する情報が登場しました。

LEDinsideの指摘によると、iPhone 6は4.7インチの液晶ディスプレイを搭載し、ディスプレイ部品の薄さは前モデルの0.6mmから0.4mmまで薄型化されるそうなんです。また、次期iPadも12インチの液晶ディスプレイを搭載し、ディスプレイ部品は同じように薄型化されるだろうと指摘しています。ディスプレイ部品が薄型化されるメリットは本体が薄型化されるだけでなく、本体の軽量化にも役立つんですって!

また、気になることに次期iPhoneは6月に発売されるだろうとも指摘しています。あれ、新型iPhoneはいつもどおりの9月〜10月に発売されるんじゃないの? という声も聞こえてきそうですが、実はiPhoneは3Gや3GS、4の頃までは6月のWWDCで発表されていたんです。

もしかすると、次期iPhoneは昔のように6月のWWDCで発表され、同月に発売されることになるのかもしれませんね。

LEDinside via MacRumors

(塚本直樹)