パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼

パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼 1

4K動画撮影の世界はこれからと行ったところですが、一般消費者でも手の届きそうな価格で4K動画撮影ができるカメラが発表されました。

パナソニックは、ミラーレス一眼では初めて4K動画の撮影に対応する「LUMIX DMC-GH4」を発表しました。パナソニックのGHシリーズの動画撮影機能は前々から定評があり、パナソニックがこの4K動画撮影を実現してくれるのは自然な流れかなと思います。

新しいGH4は、2012年に発売されたGH3のメジャーコンポーネントをアップデートし、4K動画撮影機能を搭載した感じです。新しい4/3型Live MOSセンサー(有効1605万画素)を搭載し、画質を格段に改善。さらに、センサーも新しくなって読み出しスピードを高速化し、GH3と比較すると2倍の速度を実現したそうです。連写速度の高速化はもちろんですが、撮影時に動いている被写体を撮影した時に生じるゆがみ(ローリングシャッター歪み現象)を抑制します。

プロセッサーも進化。GH3の「ヴィーナス7エンジン」から、「ヴィーナス9エンジン」になり、スピードとプロセッシングがより効率的に、ISO2万5600まで対応します(従来機はISO1万2800まで)。

さらに最大1/8000秒のシャッタースピード、フラッシュ同調速度も1/250秒以下になりました。GH3ではオートフォーカスのスピードがイマイチでしたが、新しい空間認識技術を利用した空間認識AFを新しく搭載しています。ライブ画像を基に空間を認識、物体までの距離情報を高速に演算し、それを基にオートフォーカスを動作します。ただしこの機能はパナソニック製のレンズでしか動作しません。

GH4のボディはGH3と同様、全天候使用可ボディのようですが、ボディも全体的に改善されているようです。

有機ELタッチスクリーンディスプレイは104万ドットになり、電子ビューファインダーは236万ドットの有機EL、パナソニックのCX7やソニーやオリンパスのカメラと同等ですね。

  

パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼 2

パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼 3

やはり注目は動画撮影機能。これまでもパナソニックのGH2、GH3は、付け焼き刃的に動画撮影機能を搭載したカメラとは異なり、動画撮影機能を最重要なものとして位置づけており、他のカメラよりもずっと強力な撮影機能を搭載することで、ビデオコミュニティの寵児となっていました。

しかしこの流れで、パナソニックがやらなければ誰がやると言わんばかりに4K動画撮影機能の登場です。これは素晴らしく目新しい機能ですが…GH4の4K動画撮影機能をフルで使うには、1つ、ないし2つのオプションが必要となります。

まず、30MB/秒(240Mbps)でも連続書き込みが可能な、パナソニックの新しい高速SDメモリーカードを買う必要があります。

パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼 4

さらに動画のプロユーザーのために、巨大なバッテリーグリップのような見た目のインターフェースユニットを装着するという選択肢もあります。

スペックは、XLR音声入力、3G-SDIアウトプット、タイムコード入力対応、DC12ボルト電源入力、オーディオレベルモニター。4K(4:2:2/10bit) 動画出力が可能です。動作には外部電源の入力が必要で、カメラの下に装着して使用します。このインターフェースユニット「AG-YAGH」はかなりのプロ仕様ですね。

パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼 5

パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼 6

この4K動画の解像度の魅力は凄まじいものがありますが、ほとんどのカメラユーザーは、まだここまでの機能が欲しいとは思っていないでしょう(そんな人のためにも、GH4はフルHD動画撮影のオプションもありますが)。

全体的に、GH4は素晴らしいスペックだと思います。また、オリンパスのOM-D E-M1や富士フィルムのXシリーズといったマイクロフォーサーズのカメラの競合にもなります。マイクロフォーサーズ界では、豊富なレンズのエコシステムとコンパクトなサイズが魅力とされていますが、GH4は動画撮影も重視するユーザーに刺さりそうです。

しかしながら、人々が4Kテレビのモニターを手に入れるまで数年はかかる(もしかしたら普及しないかもしれないし)中、今すぐ4K画質で撮影したい人がどれだけいるのかは未知数です。それでもパナソニックはこの高画質動画撮影競争に、いち早く一石を投じたのは素晴らしいと思います。インターフェースユニット等のプロフェッショナルシステムと連携させた、ミラーレス一眼を出しちゃうというパナソニックの本気度は良いですね。

プロユーザーが、4KスペックのGH4に食いつくかどうかが気になりますが、もちろん、ノンプロの人にとっても手の届く価格でこの機能が手に入るメリットは大きいです。噂では、2000ドル以下(約20万円以下)になるとのことですが、今のところパナソニックからの正式発表はありません。

またDMC-GH4は、パシフィコ横浜で2月13日から開催されるカメラ機器の展示会「CP+2014」のパナソニックブースでも展示されるそうですよ!

パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼 7

パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼 8

パナソニック「LUMIX GH4」登場、4K動画撮影できる初めてのミラーレス一眼 9

mayumine(MICHAEL HESSION/米版