Mozilla、25ドルのFirefoxスマートフォンを発表。その狙いは?

Mozilla、25ドルのFirefoxスマートフォンを発表。その狙いは? 1

発展途上国では、ハイエンドなスマートフォン市場は大手によって行き詰まり感を見せています。しかし2月23日(現地時間)、非営利組織のMozillaがローエンド向けに25ドル(約2560円)のFirefox OSスマートフォンを発売し、シェア争いに切り込もうとしていることがMobile World Congress(MWC)で明らかになりました。

Mozillaは非営利組織のため、今回の計画における同組織の役割は仕様策定およびOS供給となる見込み。ギズモード・スペインは、製造メーカーがこのプラットフォームを採用してFirefox OSのスマートフォンを一般消費者に直販すると報じています。

またCNETによると、Mozillaは中国のチップメーカー「スプレッドトラム・コミュニケーションズと提携し、Firefox OSを開発市場で普及させる計画。MozillaのCTOブレンダン・アイクさんは「私たちは協業によって50ドル(約5,120円)という価格のハードルを突破していきます」とブログで語っています。曰く「携帯キャリアを通さないかたちでアジアの販売チャネルを作り出すことになるだろう」とのこと。

これらの電話は一般的なスマートフォンと比べると、低出力かつ低解像度で小型化される模様。でも、これは大局的な話。200ドル、300ドルのデバイスが買えない消費者がいる国において、Mozillaの狙いは巨大な統計データを彼らが必要とするデータやツールに結びつけていくことだとされています。

Gizmodo en EspañolCnet

KELSEY CAMPBELL-DOLLAGHAN(Rumi /米版