宇宙ステーションから撮影、北朝鮮の暗すぎる夜

宇宙ステーションから撮影、北朝鮮の暗すぎる夜 1

海かと思ってしまいました…。

どんなプロパガンダしたって、韓国と北朝鮮の違いはISS(国際宇宙ステーション)からはっきり見えてしまいます。キラキラ輝いてる韓国の街に対して、北朝鮮は真っ暗で、海岸線すら見えません。人口326万人を擁する平壌だけほのかに光ってますが、首都なのに韓国や中国の小さな町と同じくらいの明るさでしかありません。

トップ画像は、NASAのExpedition 38のクルーが今年1月30日にISSから撮影した下の動画からの抜粋です。NASAによれば「平壌からの光の量は韓国のより小さな町に相当」するそうです。たしかに、韓国の国民ひとりあたりの電力使用量は1万162キロワット時なのに対し、北朝鮮ではたったの739キロワット時と13分の1以下しかありません。

この真っ暗な中に住む人たちは、ちゃんと生活できているんでしょうか?

Jesus Diaz(原文/miho)