ターゲットをロックオン! オリンパスがドットサイトを備えたレンズ一体型デジカメを発表。

ターゲットをロックオン! オリンパスがドットサイトを備えたレンズ一体型デジカメを発表。 1

いつもあまり目立たない気がする、レンズ交換が出来ない高倍率ズーム搭載のデジタルカメラ。野鳥撮影やスポーツ撮影など遠いところを撮るのには最適なのですが、外見もお値段もずんぐりむっくりなイメージでした。

しかしそんなイメージを払拭するかのごとく、オリンパスが海外向けにレンズ一体型デジタルカメラ「SP-100」を発表しましたよ。これはポップアップした内蔵ストロボの下にドットサイトを搭載したもの

これを使えば遠い所で動いている野鳥やスポーツ選手などをズームして撮影していても、被写体を確認するためにズームアウトすることなく狙い易くなるんです。

しかもドットサイト付きのデジカメは世界初!

ターゲットをロックオン! オリンパスがドットサイトを備えたレンズ一体型デジカメを発表。 2

このカメラのレンズは35mm判換算で、焦点距離が24〜1200mm相当の50倍ズームが可能です。センサーは1/2.3型の1600万画素の裏面照射型のCMOSセンサーを搭載し、最高感度はISO6400で最高連射速度は7コマ/秒。動画はフルHDの60pでの撮影も可能です。ファインダーは92万ドットのEVFで、液晶モニターは約64ドットの3型です。

発売は今年の3月で、お値段は399.99ドル(約4万1000円)。今のところ海外のみなので、日本でも発売されたら試してみたいですよね!

[OLYMPUS via デジカメ Watch米版]

(徳永智大)