アップルのスマートウォッチ、ソーラーとワイヤレスで充電?

アップルのスマートウォッチ、ソーラーとワイヤレスで充電? 1

いろいろとまだ。

ニューヨーク・タイムズが、アップルがデバイスの新たな充電方法を何年も研究してきたと伝えています。さらに、アップル製スマートウォッチにはソーラー充電機能が搭載されるかもしれないとのこと。ただし、時期はだいぶ先と見られています。

同紙のポータブルガジェットのバッテリーに関する記事の中で「アップルで働く人物ふたり」いわく、アップルはスマートウォッチにソーラー充電レイヤー内蔵スクリーンを搭載することを検討しています。それは、従来型のバッテリーを日中に補完することを期待されてます。

同じ記事で、曲面ガラススクリーンのスマートウォッチに関するも繰り返されています。またある匿名情報源は、アップルがワイヤレス充電をテストし続けていると語っています。もちろんアップルはまだワイヤレス充電機能を持つ製品を発表していませんし、その技術についてプロダクトマーケティング担当上級副社長のフィル・シラーが懐疑的な意見を表明してもいます。だからアップルがワイヤレス充電機能を近いうちに世に出すのかどうかは疑問です。

でもニューヨーク・タイムズが指摘するように、アップルはここ数年でテスラやトヨタからバッテリー関係のエンジニアを引き抜いています。だからバッテリーの新しい形に関しては真剣に取り組んでいるのでしょう。ただスマートウォッチのスクリーンでソーラー充電できるようなものになるかっていうと、それが実現するとしても近い未来ではなさそうです。ある情報源は「その手の(スマートウォッチのバッテリーの)実験は、現実になるまでに数年かかる」としています。うーむ。

NYT、Image by Digitalnative under Creative Commons license]

Jamie Condliffe(原文/miho)