極寒の今だから。電気を使わないで冷やすエアコン

極寒の今だから。電気を使わないで冷やすエアコン 1

ぶ~るるる~さぶい日が続きますね~。

さて、そんな寒い冬こそ納涼ネタ。こちらにご覧に入れますのは、水の蒸発だけで部屋の温度を下げる素焼きの壺、名づけて「Cold Pot」です。クーラーは節電の大敵だけど、これならだいぶ節約できそうですねー。

作ったのはティボー・ファヴェリー(Thibault Faverie)さん。

素材は、水が浸透しやすいテラコッタです。鉢植えによく使われてるのと同じ素材ですね。中には2リットルの水を貯めておくところがあって、そこから水が鉢から外に染み出して蒸発していきます。H2Oが液体から気体になる時に気化熱を奪っていくので、テラコッタ本体と中のアルミニウム製パイプがキンキンに冷えますよね。で、この冷えたパイプに内蔵の電動ファンでそーっと空気を送ってやればひんやりした冷気になって外に出る、ああ極楽~、というわけ。

「結局ファン電気で回してんじゃん!」と言われそうですが、クーラーが電気食いなのは送風じゃなくて冷やすところですからねー。

以前話題騒然だった「電気を使わないで冷やす冷蔵庫。必要なものは鉢と砂と水」と原理は同じかと。

極寒の今だから。電気を使わないで冷やすエアコン 2

うちにも予備で1台欲しいなーと思っちゃいますけど、ポットはティボーさんがスイス州立ローザンヌ美術大学(ECAL)在学中に考案したもので大量生産する計画も特にないみたい。デザインはティボーさんのものですが、仕組みは簡単な科学原理なので彼の持ち物というわけでもないし…素焼きの壷の冷却作用は昔からよく知られている生活の知恵でもあります。いっちょ自分なりにクーラーDIYして今から夏の節電に備えてみます?

極寒の今だから。電気を使わないで冷やすエアコン 3

[Thibault Faverie via HomeCentrl]

関連:イエメン家のつくり・・・自然のクーラー

ANDREW LISZEWSKI(原文/satomi)