今年は、ソニーもキヤノンもニコンもタムロンもブースからの見晴らしがいいぞー。

今年は、ソニーもキヤノンもニコンもタムロンもブースからの見晴らしがいいぞー。 1

見晴らしがいいのはよいことだ。

去年のCP+ではソニーブースの見晴らしがいいことをお伝えしましたが、今年はその他のブースにも見晴らしのよい場所があることを発見! どのブースも見晴らしがいいぞー。

まずいちばん上はソニーブースからの眺め。α99と「300mm F2.8 G SSM ll」の組み合わせです。向かいのアスカネットブース前で行われていたイベントの様子は余裕で見えちゃいます。

今年は、ソニーもキヤノンもニコンもタムロンもブースからの見晴らしがいいぞー。 2

次はこちら、タムロンブースでキヤノン用の「SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD」。すぐ向かいのプロフォトブースなんかは超近いっていうレベル。

今年は、ソニーもキヤノンもニコンもタムロンもブースからの見晴らしがいいぞー。 3

そして、キヤノンブースからの眺めはこちら。EOS 1D-Xに「EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×+エクステンダー EF1.4×lll」の組み合わせ。前が開けていて見晴らしがいちばんいいのはここかもしれません。

そして、ニコンブースからは…

今年は、ソニーもキヤノンもニコンもタムロンもブースからの見晴らしがいいぞー。 4

キヤノンブースが見えたっ!

CP+2014

(鈴木康太)