全然写真と区別がつかなった油絵

20140215_photo.jpg

これが絵? 写真じゃなくて?

Gregory Thielkerさんの油絵は極めて写実的で現実との見分けがつきません。

光と質感の表現が完璧過ぎるだけでなく、作品の題材もそう。

友だちや家族と一緒だったあの日、あるいは悲しい音楽を聞いた雨の日のドライブを思い起こさせてくれるのです。そう、ノスタルジーを感じさせてくれるのです。

20140215_photo2.jpg

20140215_photo3.jpg

20140215_photo4.jpg

20140215_photo5.jpg

彼の言葉によると、

この油絵は、風景のエクスペリエンスのコントロールと描写の方法に対する、私自身の興味を反映させたものです。

道路からの眺望は、1つの場所からどこかへ出かけるだけでなく、多様で複合的な風景を私達に見せてくれます。

表面と深さの関連性を、フラットさとイリュージョンで表現しています。これらのイメージは、実際のエクスペリエンスと絵画の中間との近い関連性から生まれています。

これは、流動性、透明性、レイヤーのキャパシティ、混在とブレンドなのです。

20140215_photo6.jpg

20140215_photo7.jpg

20140215_photo8.jpg

20140215_photo9.jpg

20140215_photo10.jpg

20140215_photo11.jpg

20140215_photo12.jpg

20140215_photo13.jpg

20140215_photo14.jpg

20140215_photo15.jpg

Art and Design Blog

mayumine(JESUS DIAZ/米版