現代スポーツの新常識かも...ビッグデータを使ってリーグ優勝を遂げたスポーツチームの話

Mugendai

現代スポーツの新常識かも...ビッグデータを使ってリーグ優勝を遂げたスポーツチームの話 1

スポーツをやってる人には嬉しいね

テレビでスポーツを放送してればついつい見ちゃう方なのですが、よくスポーツ選手に怪我は付きものなんて言葉を耳にします。でもですよ、やっぱり選手の怪我は見たくありませんよね。特にチームスポーツなら、なおさら怪我するリスクは減らしたいと選手も思っているはずです、きっと。

そんな怪我の多いスポーツ界で、怪我との戦いにビッグデータで対峙しているチームがあることをご存知ですか?

イギリスのラグビートップリーグに所属するレスター・タイガースは、選手のコンディションを管理するために、ビッグデータを使った管理体制を導入しました。ビッグデータといえば、ビジネスや小売の分野で使うデータと思ってしまいますが、情報ソースの無限大によれば、チームは選手の心拍数や疲労度、ストレスなどを測定して、理想的なパフォーマンスを引き出すためのコンディショニングを蓄積したデータ群から導き出していったそうです。データマイニングには、IBMのSPSS Modelerシステムを使用して、チームのデータ分析と意思決定を技術的に完全支援。データとシステムを導入したおかげで、レスター・タイガースは2012〜2013シーズンはリーグ優勝という華々しい結果を残しました。

データからコンディションを把握することって、僕達がスマホリストバンド型の計測器で走ったデータを記録するやり方と似ていませんか? ビッグデータで優勝なんて時代が当たり前になるかも…。スポーツの世界ではデータ利用のニーズがますます高まりそうですね。リンク先の無限大ではチームの取り組みを詳しく紹介していますので、最新のスポーツ・テクノロジーが気になった方はご覧ください。

無限大(Mugendai)

(ギズモード編集部)