仮想通貨ビットコインに関する史上最大の事件TOP6

20140228bitcoin6biggestheists.jpg

ネットもテレビも新聞もビットコインのニュースで溢れています。

どこの世界にも悪い人というのはいるもので。仮想通過に価値がある、それがわかるとすぐさま悪い人はやってきます。それはビットコインを不正に手に入れようとする奴らです。その額は小さなものから大きなものまで様々で、事件の数は無数にあるのでしょう…。が、ここでは史上最大のビットコイン事件トップ6を紹介します。紹介なんて生易しい話ではないのですけれどね…。

6位:Pony Botnet事件:被害額22万ドル(約2200万円)

Pony botnetというマルウェアによって様々なSNSから200万件のユーザーデータをハッキングして起きた事件。ほんの最近の話。2013年の9月から2014年の1月までの間に70万ものアカウント情報が被害にあったと言われている。10万件ものEメールのログイン情報、85個のビットコインアカウント(お財布)がハッキングされた。たったお財布85個か、と思うかもしれないが、その被害額はなんと22万ドルにものぼった。

怖いのは、今後Pony Botnetが、また悪さをしないとは言い切れないこと。

The Hacker NewsZDnet

5位:Mt. Gox事件:被害額50万ドル(約5000万円)

今回騒がれる以前にもMt. Gox(マウントゴックス)はやらかしていた。ビットコインの存在が、まだ一般にはあまり知られていなかった2011年の話。どうやってハッキングされたのか、詳細は現在でも謎のまま。この一件でビットコインの安全性が問われることになった。

この事件は、通称Allinvainと呼ばれる謎のユーザーがMt. Goxにハッキングし、2万5000枚のビットコインを盗んだもの。これは、当時50万ドルほどの価値だったが、現在のレートでは1440万ドルにもなる。Mt. Goxのユーザーが総力を結集して、アカウントと香港のIPアドレスまで突き止めたが、犯人逮捕までには至らず

are technica

4位:Silk Road 2事件:被害額270万ドル(約2億7000万円)

薬物などの不正販売闇市を経営していたSilk Road(シルクロード)が、FBIの手によって閉鎖されて間もなく登場したのがこのSilk Road 2。使い方も仕組みもオリジナル版とまるで同じ。この闇サイトにどれだけお金が流れていたかは明らかで、2が登場するやいなやハッキングの対象になった。

その後、なんやかんや言ってもSilk Roadは違法サイトなので、業者Ross Ulbrich(ロス·ウルブリヒト)氏は逮捕。取引所も幾つかシャットダウンされる。ビットコインのやり取りに関するバグが全ての原因だと発表するも、Ross氏は、お金を盗まれた人全員への返還を約束。

[gizmodo 12

3位:Sheep marketplace事件:被害額5640万ドル(約57億4000万円)

Silk Road 2同様に、元々あった闇サイトが閉鎖されたことで、2013年10月にできたサイト。これまた、Silk Road 2同様に、ハッカー達の格好のターゲットに。

12月には、ついにハッキングされ9万6000枚=5640万ドル相当のビットコインが盗まれた。ユーザーのアカウントを操り盗みを働いていたわけだが、見た目にはわからない細工をしていたため、ある程度時が経つまでユーザーはアカウントの異変に気づかなかった。Redditユーザーの中では、犯人を見つけたという動きもあったが、実際のところ犯人が捕まったがどうかは不明。

reeditNewStatesmangizmodo

2位:Silk Road事件:被害額1億2740万ドル(約129億万円)

先述の通り、Silk Roadは昨年の10月、FBIによって閉鎖された。が、その閉鎖の際にFBIはサイトから2万9655枚のビットコインを押収。さらに創業者であるRoss Ulbricht氏からも、14万4000枚のビットコインを押収。お金にすると総額1億2740万ドルほど。言ってしまえば、FBIは世界で最も大きなビットコインのお財布の1つを持っているという状態。

が、ビットコインを持っていてもどうしようもない&やっかいな当局は、今年の1月にサイトから押収したビットコイン3000枚を手放すことを発表(その方法は今審議中)。Ulbricht氏は、これをチャンスとばかりに、まだFBIに残る押収された自分のビットコイン14万4000枚を巡って裁判を起こした。今後どうなるかは裁判しだい。

これは、ビットコインのハッキング窃盗とはまた色が違う事件である。

[gizmodo 12Forbes

1位:Mt. Gox事件パートII(今回のやつ):被害額436万ドル(約4億4000万円)

1年近くにも渡るハッキングの末にとんでもない額が消えた事件。盗まれたビットコインは74万4408枚。様々なことは、現在調査中。


これを見ると最悪でもわかることが1つ。Mt. Goxは使わない方がいい。今後もし例え復活したとしても、また不祥事が起きないとはかぎらないですし。また、Mt. Goxは今月初めに、ビットコインの引出しに関するバグ(同じコインを何度でも引き出せてしまうというもの)が原因で閉鎖された団体の系列とされており、その信頼度は地に落ちきっております。

はぁ…。

そうこ(ADAM CLARK ESTES /米版