Windows 8.1は春に使いやすくなる? マイクロソフトがマウス操作改善を発表

Windows 8.1は春に使いやすくなる? マイクロソフトがマウス操作改善を発表 1

やっぱりみんなマウス使うよね。

ってことみたい。マイナビニュースによりますと、マイクロソフトはMWC 2014のイベントにて今春に予定されているWindows 8.1のアップデート内容を紹介したようです。その中にはタッチ非対応PCに向けてのUI改修が含まれており、マウス操作によるスタート画面呼び出しや、コンテキストメニューからのアプリ終了などが行えるようになるんだとか。また、タスクバーも改良され、アプリの起動切替えも簡単にするとのこと。

この他にも、メモリ1GBやストレージ16GBといった低スペック環境もサポートすると報じています。

Windows 8.1になり、Windows 8(無印)時代よりも確かにUIは改善されていますが、マウス+キーボードだとまだ操作しにくい所もありますしね。この辺はぜひ積極的に頑張って欲しいところです。

そういえば、Windows 8が出てたての頃はWindowsを使い慣れていた身でも、もう本当にまともに操作できなくてタッチパネルの無い環境だとどうすればこのOSを使いこなせるのだろうか?と色々考えた結果、「新しいキーボードショートカットを覚える」という所からスタートした事を思い出しました。

そう考えると8.1への進化は大きかったんだなぁ…。

マイナビニュース

(小暮ひさのり)